あらすじ第5話

チョン・ドジョンの苦悩

チョン・ドジョンは北元を迎え入れる事を阻止しようとチェ・ヨンに接触し、高麗を救う事が出来るのは明だと訴えますが、聞き入れられません。

イ・イニムの側近のチャン・ジャオン、アン・サギ(安師琦)たちは、チョン・ドジョンが守侍中を侮辱したという理由でドジョンに処分を下すよう明徳太后に迫ります。結局ドジョンは成均館での立場を失うことになります。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「北元との和親を必死に防ごうとするチョン・ドジョンはチェ・ヨンの反対にあうが、北元使節の迎接使を行かせることを拒否する。 これに対し大臣たちは太后にチョン・ドジョンを斬刑にすることを願い求め、チェ・ヨンはチョン・ドジョンを捉えるために成均館(ソンギュングァン)に乗り込んで行く。 」 via KBS公式サイト
座り込み

一方チョン・ドジョンは、イニムが登庁放棄をしている間に仲間たちと一緒に祈祷を始め、座り込みをしている間に自分たちの味方をしてくれる者たちをふやそうとします。

その頃イ・ソンゲにも命令が下り、開京(ケソン、高麗の首都、現在の北朝鮮開城市)に行く準備をします。

チェ・ヨンは大成殿での座り込みをやめさせるために、兵を率いてチョン・ドジョンのもとに向かっていきます。

それを知ったチョン・モンジュは、チェ・ヨンと兵士らの動きを伝えに行きます。そして士大夫たちに成均館のために、またチョン・ドジョンを助けるために戦うよう訴えます。

結局イ・セク(李穡、新進士大夫の師匠)に反対され、モンジュはさらに別の方法でチェ・ヨンの動きを防ごうとします。

追放

しかし、最終的にイ・イニムはチョン・ドジョンに、成均館を離れ全羅道 羅州の部局に島流しされることを告げます。

感想

北元との協議を防ごうと懸命に働きかけていたチョン・ドジョンですが、止める事ができなかっただけでなく、流刑に処されることになるのですね。

果たして北元との協議はうまく進んでいくのか、そしてドジョンは流刑先でどんな生活を過ごしていくのか?この点が今後注目ですね~!

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button