あらすじ第7話

イ・イニムを捕らえに行くチェ・ヨンですが、結局イニムの罪を裏付ける根拠がなく、自宅に閉じ込めておくことしか出来ません。

チェ・ヨンはその後もアン・サギの持ち物からなんとか証拠を見つけようと引き続き兵を動かしますが、なかなか見つからず、ジレンマに陥ります。

(photo by KBS公式サイト


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「キム・ウィの腹心のイ・ガがアン・サギの家を出てから、チョン・モンジュと士大夫に捕らえられ、これに対し太后とチェ・ヨンはアン・サギを追及する。 一方居平部曲で流刑中のチョン・ドジョンはますますオムドゥンをはじめとするファン・ヨン家族に心を開き、部曲民の凄惨な現実に目を向けることになる。」 via KBS公式サイト

倭寇の襲来

その頃...楊広道(現在の忠清道)に倭寇が侵略してきます。この状況をイ・イニムは逆手に取り、イ・チョムの責任を追及する書状を用意させました。

今いる兵では倭寇に立ち向かうことが出来ないと判断したチェ・ヨンは、イ・ソンゲに協力を要請します。

イ・ソンゲ出陣

それを知ったカン氏(イ・ソンゲの妻)は、楊広道に行くのと引き換えに朝廷で高い地位を得られるようなぜ掛け合わなかったのかとイ・ソンゲを責めました。

苦しい状況に置かれたイ・イニムは、イム・ギョンミを禑王のもとに行かせて、イニムを助けるよう訴えます。

直訴

一方チョン・ドジョンは消災洞の人々が土地代として税金を取り立てられている所を目撃し、彼らが置かれている現実を知ることになりました。

チョン・ドジョンは地主たちを追い払うも、彼らは証書を持ってきて、正式に税金を取り立てることを許可されたと告げます。

チョン・ドジョンはそれを止めようと直訴しに行くのですが、その行動ゆえにファン・ヨンが捕らえられてしまいました。

感想

やっとイ・イニムを捕らえる事が出来るのかと期待しましたが、やはりイニムは一筋縄ではいきませんね。

流刑にされたドジョンもきっとそう思っていたのではないでしょうか?

そして村人たちの現状を知ったドジョンは、たとえ流刑の身であったとしても人々のために行動を起こすのですね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button