あらすじ第6話

チョン・ドジョンはヤンジが巫女になるという条件で、ファン・ヨンが釈放された事を知ります。そしてヤンジもドジョンが開京に行くのをやめさせようとしますが、結局ドジョンは行ってしまいます。


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用翻訳:「オムドゥンは巫俗について行くことを決心し、チョン・ドジョンは彼女を止めようとするが自分には何の力がないことに苦しむ。 開京ではイ・イニムが勢力を伸ばして新進士大夫への残酷な報復が始まり、チェ・ヨンはイ・イニムに今回の恥辱を必ず雪辱すると話す。 一方居平部曲まで倭寇が入ってくることになり略奪がますます本格化するが...」 via KBS公式サイト

八方塞がり

チョン・ドジョンが消災洞を出て行ったことを役人が知り、ファン・ヨンの家にやってきました。

結局ドジョンは開京に行くのをやめ、ムーダンにヤンジをあきらめるよう説得しにいきますが、断られてしまいます。ヤンジが借りた保釈金を返すためにドジョンは開京に人を遣わそうとしますが、これも阻まれてしまいます。

チョン・ドジョンは、ヤンジが巫女になることを止める事が出来ない自分に苦しみました。
(photo by KBS公式サイト

粛清、開京にて

一方開京では、パク・サンチュンの尋問が終わり、結局イ・イニムに反対していた儒学者たちはそれぞれ刑を宣告されます。

これによって高麗は完全にイ・イニムの支配になっていきました。

その頃、楊江道では、倭寇に勝利をおさめたイム・ギョンミらは撤退することにしますが、イ・ソンゲは残った者たちがまた攻めてくることを懸念し、反対します。

倭寇再来

チェ・ヨンも倭寇の残りの者たちを完全に排除するように兵を遣わすよう命じますが、イ・イニムが決定を躊躇しているうちに、再び倭寇が攻めてくるのでした。

感想

チョン・ドジョンとヤンジが互いのために行動する姿に感動すると同時に、結局なすすべがないことを思い知る時のシーンはなんとも切ないものです。

イ・イニムに反対する者たちを排除し、高麗はいよいよ本格的にイニムの色に染まっていってしまうのですね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button