あらすじ第10話

村の潰滅

倭寇襲来

消災洞にも倭寇が侵略してきて、村は消滅してしまいます。そしてその侵略でファン・ヨンも亡くなり、チョン・ドジョンはヤンジと逃げている間に離れ離れになってしまいました。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「倭乱によりチョン・ドジョンとオムドゥンは互いに別れることになり、居平部曲は完全に燃え上って消えることになる。 そして六年が過ぎる。その間太后と慶復興(キョンボックン)は亡くなり、高麗はイ・イニムの手中によりますます没落してしまう。 禑王(ウワン)に王子が誕生すると、これを記念してチョン・モンジュはチョン・ドジョンの罪を赦免することを主張するが反対勢力によって拒否されてしまう。」 via KBS公式サイト

チョン・ドジョン解放の動き

それから6年の月日が流れ、1380年に時代は移っていきます。明徳太后が亡くなったことがきっかけで、王室の力はますます弱くなっていきます。

あれからチョン・ドジョンは消災洞から栄州(ヨンジュ、現在の慶尚北道の北部にある市)に場所がかわり、引き続き罪人としての生活を送っていました。

チョン・モンジュは長年流刑状態にあるチョン・ドジョンを解放するために、味方してくれる人たちを集め、チェ氏も夫のチョン・ドジョンを解放してもらうために行動します。

その頃ウ王に男の子が生まれました。

本来であれば民と共に盛大に祝うものですが、王室の食料も少ないために、今回は違う仕方で祝うことにします。

刑に服している者を解放することでウ王の支持を高めようとする意見にチョン・モンジュも賛成し、この機会を利用して島流しされているチョン・ドジョンを解放しようとしますが、またもやその望みはやはり絶たれてしまいました。

引き続く倭寇

その頃倭寇は鎮浦(ジンポ、現在の全羅北道 群山市)にやってきて、引き続き高麗を攻撃します。

それに立ち向かうためにチェ・ヨンは、イ・ソンゲと共に兵を集め、南原(ナムウォン、現在の全羅北道南原)に行くのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

時間が流れるものの未だ開京に戻れないチョン・ドジョン。 普通の人であれば高麗の立て直しなどあきらめてしまいそうですが...この時のチョン・ドジョンはどんな気持ちで毎日を過ごしていたのでしょうか。

倭寇の攻撃に悩まされる高麗は、この危機をどう乗り越えていくのかにも注目ですね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button