あらすじ第16話

チョン・ドジョンの献策

イ・ソンゲの疑心暗鬼

ついにチョン・ドジョンはイ・ソンゲのもとを訪れます。
チョン・ドジョンは自分が民の生活を保護するために考え出した安辺策をソンゲに伝えました。

しかしチョン・ドジョンが予想していた反応とは違い、イ・ソンゲはチョン・ドジョンが近づいてきたことを警戒し、イ・イニムの策略ではないかとチョン・ドジョンを疑います。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「チョン・ドジョンはイ・ソンゲに辺境を平安にする策である安辺(アンビョン)策を出す。イ・ソンゲはそんなチョン・ドジョンをイ・イニムの回し者だと疑う。 一方ヨム・フンバンは君子だけが読むことができる本である大学衍義(だいがくえんぎ)がイ・ソンゲの幕舎(ばくしゃ)にあるということを発見することになるが... 」 via KBS公式サイト

当惑するチョン・ドジョン

イ・ソンゲの思いもよらない返答にチョン・ドジョンも困惑しました。

その後イ・ソンゲは息子のイ・バンウォンにチョン・ドジョンが考え出した打開策について賛否を問います。バンウォンは開京に必死に戻そうとするイ・イニムから逃れるためにチョン・ドジョンの策を利用するよう提案しました。

安辺策の作者

一方兵糧が台帳と違うというイ・イニムの策略に対応するために戻ってきたチョン・モンジュは、兵糧の着服などありえないと異見を唱えます。

そしてチェ・ヨンも助け船を出し、イニムに安辺策について知らせました。

チョン・モンジュは自分が安辺策を考え出したように見せかけますが、イ・イニムはそれを疑い実際には誰がかいたものなのか探らせようとします。

イ・バンウォン接近

チョン・ドジョンの考えに感心したイ・バンウォンは父親のイ・ソンゲに策士として傍におくよう提案しました。
イ・ソンゲはその意見を退けますが、バンウォンは自らドジョンに会いに行きます。

その後イ・ソンゲが大学衍義(だいがくえんぎ)を持っていたことが見つかり、謀反を企てているという疑惑が持ち上がるのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

イ・イニムの度重なる策略によって慎重になっているイ・ソンゲは、そんなに簡単にチョン・ドジョンと手を組もうとしないようです。

しかしまたもや窮地に陥ってしまったイ・ソンゲ...。この状況から抜け出すには、チョン・ドジョンの力が必要になってくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button