あらすじ第17話

深謀遠慮

ドジョンの作戦

チョン・ドジョンはイ・ソンゲのもとを訪れその状況から脱するには、まずイ・イニムの手下になるよう提案します。そして最終的には自分と共に新たな国を作るようにと訴えました。


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用翻訳:「逆心を抱いたという疑惑で朝廷ではイ・ソンゲを開京に呼び、彼が反乱を起こしたときに備え開京にいる家族を捕まえておく。 進退両難に陥ったイ・ソンゲ、大きな決断をくだし、ハム・ジュイの幕舎(ばくしゃ)を離れて都城へ向かうが... 」 via KBS公式サイト

イ・ソンゲはチョン・ドジョンが高麗を立て直そうという熱い思いをもっていることを知りますが、イ・イニムのもとで仕える事は決して出来ないと、チョン・ドジョンを追い帰します。

イ・ソンゲの迷い

イ・バンウォンはイ・ソンゲに開京にいる家族が拘束された事を知らせ、兵を集めて行動するようすすめますが、結局イ・ソンゲは都城に行くことにし、大学衍義を読んだことを認めました。

この様子を見たチョン・モンジュはイ・ソンゲを擁護し、謀反を考えていたわけではないと訴えます。しかし、イ・イニムはそれを裏付けるための根拠としてソンゲが持っている権利を差し出すよう求めました。

それでもイ・ソンゲはその求めに応じればイ・イニムたちがただ単に私腹を肥やすだけだと主張し、結局その要求を拒否してしまうのでした。

ドジョンの説得

その事を知ったチョン・ドジョンは再びイ・ソンゲのもとに行き、ソンゲに書面を渡しそれを持ってイ・イニムのもとに行くよう述べます。

それでイ・ソンゲはチョン・ドジョンに言われたように書面をもってイ・イニムに会いに行くのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

これまで数々の策を考えてきたチョン・ドジョンですが、イ・ソンゲにイ・イニムの手下とさせるというこの策にも驚かされました。これにはさすがのソンゲも屈辱的だったでしょうね...

イ・イニムも一筋縄でいくような相手ではありませんが、果たしてイ・ソンゲに渡した紙にはさらにどんな策が収められているのでしょうか?

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button