あらすじ第28話

クーデターの成功

チェ・ヨンとイ・ソンゲは白熱の戦いを繰り広げ、結局イ・ソンゲが勝利を収めるのでした。これにより遼東征伐問題は終止符をうちます。

この事件の後チェ・ヨンは軍政府による尋問を受け、流刑の罪に処されます。そして明との争いも落ち着きを取り戻すのでした。


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用翻訳:「チェ・ヨンとイ・ソンゲは命をかけた最後の死闘を広げる。 気力尽きた二人...勝利と敗北が分かれる瞬間敗者は刃物を落として勝者は涙を流す。 攻遼軍は禑王が自分たちを疑い軍事権を返せば復讐するのではと予想し、たやすく軍事権を返すことが出来ない。 この時、ユン・ソジョンはイ・ソンゲに霍光(カクコウ)の話を扱った漢書を差し出し、さらにチョ・ミンスが禑王の廃位を言及するが...」 via KBS公式サイト

軍事権の返還

この後イ・ソンゲはウ王のもとを訪れ自分の取った行動を詫びます。そしてソンゲは今回集められた兵士たちを帰させ、軍事権をウ王に戻そうとしました。

しかしイ・ソンゲのこの発言に反対意見が持ち上がります。軍事権を戻せばウ王が復讐をしてくる可能性があるとして、自分たちの命を守るためにはウ王を廃位にする必要があるという声が上がりました。

ウ王の廃位

そしてウ王の廃位を推奨するユン・ソジョンはイ・ソンゲに霍光(カクコウ、前漢の政治家)の話を扱った本を渡し、彼のようになってほしいと告げられます。

イ・ソンゲはウ王に廃位を推し進めている者たちを説得させると述べて、自分を信じて待つようお願いしました。しかしウ王はソンゲを信頼できず、ソンゲを襲うよう命じます。

結局ウ王の奇襲攻撃は失敗し、王としての力を失い、朝廷からも追い出されます。

そして朝廷ではウ王の後を継ぐ者に関して、またもや意見がわかれるのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

多くの民を苦しめてきたウ王の自由奔放な政治に終止符を打つことができ、これでチョン・ドジョンも自ら抱く大義を推し進める礎が出来たようです。

その前に次の王を誰にするかでまたひと波乱ありそうです...まだまだ先は長いですね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button