あらすじ第32話

昌王が王になったことで明は高麗に謀反があったと思っていることを朝廷は知り、その誤解を解くためにイ・ソンゲを使者として遣わす声が上がります。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「イ・セクと彼の弟子、そしてピョン・アンニョルはイ・ソンゲに使臣で明に行くことを主張し、チョン・ドジョンと彼の側近は危機に陥る。 この時、チョン・ドジョンは計略を出しイ・バンウォンに父親のために犠牲になれるかと尋ねる。 一方チェ・ヨンの処刑直前、チェ・ヨンはイ・ソンゲを呼び最後の遺言を残す。イ・ソンゲ目がしらが赤くなるが...」 via KBS公式サイト

イ・ソンゲを明に遣わすようにというイ・セクたちの訴えはひどくなり、しびれを切らした大妃はソンゲに明に行くよう命じました。

チョン・ドジョンはイ・ソンゲが明に行けば、生きて帰ってこれる保証はないとみて、ソンゲの息子のイ・バンウォンを明に行かせるよう提案します。

この提案にイ・セクは反対しますが、チョン・ドジョンはソンゲの明行きを止めるためにイ・セクに土地の改革を一時保留にすることをもちかけます。

チェ・ヨンの処刑

なんとかイ・ソンゲは留まることが出来たものの、ソンゲを悩ませる状況はさらに続きます。というのも一連の騒動を起こしたチェ・ヨンを処罰する声があがったのでした。

結局イ・ソンゲはチェ・ヨンの処刑を止める事が出来ませんでした。処刑直前にチェ・ヨンはソンゲに会い、最後の言葉を伝えます。

その後、明に行っていたイ・セクが戻ってきます。そしてイ・セクら穏健派とチョン・ドジョン、チョ・ジュンら急進派は土地改革について意見が別れるのでした。

最終的にイ・セクらを支持する士大夫らが多かったため、チョン・ドジョンらの意見は却下されてしまうのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

武臣として高麗のために数々の功績を残し、政治にも関与してきたチェ・ヨンの処刑は、イ・ソンゲにとって本当に辛い出来事でした。

最後に述べたチェ・ヨンの言葉から彼が私欲のない生涯を送った事を知ることが出来ます。

そのような思いをもっていたとしても政治となると、やはり難しいものですね。

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button