あらすじ第35話

チョン・モンジュの訴えをきっぱりと退けたチョン・ドジョンに、モンジュが怒りを露わにしたため二人の関係はますます悪くなっていきます。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「チョン・モンジュがイ・セクを都堂に復帰させようとするとチョン・ドジョンの側近は激しく反対をする。 ユン・ソジョンはイ・セクが偽の王氏を王位にたてたとのことを名分でイ・セクを弾劾しようとして恭譲(コンヤン)王は苦しむ。 これに対しチョン・モンジュはイ・ソンゲのもとを訪ね、イ・セクの弾劾を防いでほしいと主張し、これに対しイ・バンウォンは大業のためにチョン・モンジュを除き去らねばならないと述べる。」 via KBS公式サイト

イ・セクの復帰問題に反対する他の重臣たちからはチョン・モンジュを処罰するよう求められますが、チョン・ドジョンは民衆の反感をかうような行為は避けるよう忠告します。

イ・ソンゲもチョ・モンジュに復帰を先延ばしにするよう訴えますが、耳を傾けてもらえません。それでチョン・ドジョンは直接イ・セクのもとに行き、もう一度よく考えるよう促すのでした。

その頃ユン・ソジョン(尹紹宗、チョン・ドジョンの同志)らが偽の王氏である王昌を王に即位させたとしてイ・セクを弾劾します。

イ・セクの弾劾

チョン・モンジュはイ・ソンゲに訴えを取り下げるよう求めるのですが、結局イ・ソンゲはイ・セクを流刑に処します。さらに王昌即位に関係した他の重臣たちも処罰させられるのでした。

その後幾らか時間が流れるものの、未だチョン・ドジョンが願う土地改革は足踏み状態でした。

一方明ではイ・ソンゲが昌王を廃位させて新しい王を即位させ、明を征服しようとしているという話が広まっているという報告が届きます。

明の誤解を解くためにチョン・モンジュはチョン・ドジョンを明に派遣するよう要請します。チョン・ドジョンは真実を明らかにし、さらに大業を成し遂げるうえで明の協力を得るためにもモンジュの提案を受け入れるのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

チョン・ドジョンとチョン・モンジュは学友として同じ志を持って生きてきましたが、二人の仲はどんどん悪化してしまうのですね。

政治はこんなにも人を変え、そして最後には国そのものを変えていってしまうものなのです。

この二人の対立が今後の高麗にどう影響していくのでしょうか?

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button