あらすじ第39話

ついにチョン・ドジョンが公開処刑になり、ドジョンの仲間たちも毒殺される事が決まります。さらに都堂はイ・ソンゲが持っている軍事権を戻すよう圧力をかけてきます。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「恭譲王はイ・ソンゲが再び立ち上がることを恐れこれに対しチョン・モンジュはイ・ソンゲを'高麗の手'で処罰しなければならないといって弾劾を奏請する。 チョン・ドジョンは処刑場に行く直前イ・ソンゲに向かって、大業を成し遂げられず先に死ぬ不忠を許してくれと言いながら粛拝を上げる。」 via KBS公式サイト

意識を取り戻さないイ・ソンゲにイ・バンウォンは涙ながら訴えます。そしてチョン・ドジョンも獄の中でソンゲに最後の挨拶をするのでした。

チョン・ドジョンたちの願いが通じたのか、イ・ソンゲはようやく意識を取り戻します。そして引き続き政治に関与していくことを告げ、すべて自分の許しを得てから政治を行うよう命令します。

そしてイ・ソンゲは刑曹(ヒョンジョ、刑罰を決定する行政機関)にチョン・ドジョンとその仲間たちを釈放するよう求め、チョン・ドジョンたちの処刑予定を延ばすのでした。

チョン・モンジュの最期

その事を知ったチョン・モンジュはすぐにイ・ソンゲのもとに行き、チョン・ドジョンたちを釈放する事は出来ないと告げます。そしてモンジュは刀を取り出し、ソンゲに自分とチョン・ドジョンのどちらかの命を選択するよう詰め寄りました。

それに対しイ・ソンゲはチョン・モンジュにチョン・ドジョンと三人で新しい国を治めていこうと懇願しますが、断固として受け入れないモンジュに対して、最後には絶縁すると宣言します。

イ・ソンゲが未だにチョン・モンジュと共に大業を成し遂げようとしていることを知ったバンウォンは、刺客を送りモンジュを殺害してしまうのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

ここでついにチョン・モンジュは殺されてしまうのですね。

政治を行う上で対立していたとはいえ、チョン・ドジョンもイ・ソンゲもモンジュの事を慕っていただけに、モンジュの死はとても辛かったでしょう...

さてモンジュの死によってドジョンたちが目指していた新しい国作りはどうなっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button