あらすじ第43話

イ・バンウォンに会ったハ・リュンはバンウォンこそ次の王に相応しいと話し、自分が協力することを申し出ます。その申し出を怪しく思ったバンウォンはそれを裏付ける証拠を見せるよう述べるのでした。


スポンサーリンク


目次

引用翻訳:「イ・バンウォンはイ・ソンゲに朝鮮は季氏の国でなく鄭氏の国になったようだと話して<朝鮮経国典>を廃棄することを要求する。 チョン・ドジョンはイ・バンウォンをますます牽制してイ・ソンゲに自身あるいはイ・バンウォンの二人のうち一人を選択することを要求する。 一方朱元璋は王子一人を明に送るよう述べる。」 via KBS公式サイト

当時高麗には王室の顧問に僧を迎える風習があり、イ・ソンゲも以前自身が見た夢を解き明かした僧の無学大師(ムハクテサ)を都城に呼びます。

建国の苦しみ~明の反対

いまだ民が高麗を懐かしんでいることを感じ取ったイ・ソンゲは都を鶏龍山(ケリョンサン。現在の忠清南道から大田広域市にかけて位置する場所)に移そうとしますが、他の家臣たちから反対されます。

一方チョン・ドジョンは朱元璋(ジュウォンジャン、明の皇帝)に拝謁し、朝鮮建立と新しい王の冊立を認めてもらおうとしますが、拒まれてしまいました。

その頃イ・ソンゲは無学大師らと都を移す場所を見に行きますが、ハ・リュンは鶏龍山の土地は都として相応しくないと助言します。この助言に感心したソンゲは、ハ・リュンに都に相応しい土地を探すよう命令を下します。

密約

この一件で官職についたハ・リュンはイ・バンウォンのもとを訪ね、二人は後継者の地位を得るために協力し合うことになります。

しかし、他の家臣たちはハ・リュンを官職につけることを反対し、座り込みを続けます。そこへチョン・ドジョンが明から帰ってきて、都を移すことよりもまずは明との問題を解決するよう訴えるのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

明との関係、そして遷都問題とイ・ソンゲのもとに次から次へと障壁が立ちはだかりますね。

そしてハ・リュンの存在も大きくなってきました。これからイ・ソンゲの統治にどう関わってくるのか気になります...

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button