あらすじ第47話

イ・ソンゲの妻カン氏の病気がますます悪くなっている事を聞いたイ・バンウォンは、カン氏のもとを訪れます。そして自分が次の王になることを宣言するのでした。


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用翻訳:「ハ・リュンはイ・バンウォンにチョン・ドジョンを除き去るには挙兵をすることよりも釜底抽薪(ふていちゅうしん)、つまり敵意を抱く人をまず取り除くよう述べチョ・ジュンに目をむける。 これに気付いたチョン・ドジョンは素早く対処するが... 一方ジュン・ジョンの病はますます深刻化しイ・バンウォンはジュン・ジョンを探す。」 via KBS公式サイト

そしてイ・ソンゲが王になり5年目のこと、カン氏が亡くなります。イ・ソンゲ、そして息子のバンソクは悲しみに暮れます。

その後イ・ソンゲはカン氏のお墓を建設するために、都城を出て相応しい土地を見つけに朝鮮中を巡るのでした。

イ・バンウォンの不審な動き

そして明に行っていたハ・リュンらも戻ってきた事をきっかけに、イ・バンウォン派の臣下はバンウォンにイ・ソンゲがいない今こそ後継者の座を奪うよう勧めます。

それを聞いたハ・リュンは兵を集めて戦うよりも、敵対している人を少しずつ味方にしていくよう提案するのでした。それでイ・バンウォンはチョ・ジュンを仲間にしようと近づきました。

この事はチョン・ドジョンの耳にすぐ届きドジョンはハ・リュンを捕らえますが、そのやり方に納得出来ないチョ・ジュンとチョン・ドジョンの関係はますます悪くなっていきます。

一方朱元璋は朝鮮軍が倭寇との闘いに勝利したことを聞き脅威を感じたために、チョン・ドジョンを明に送るよう再度手紙をよこすのでした。
(photo by KBS公式サイト

感想

王妃の存在は王が政治を行う上で大きな支えとなっていただけに、カン氏の死はソンゲにも大きな喪失感を与えているようですね。

バンウォンがこの状況を狙ってるだけにソンゲには早く立ち直って欲しいです...

再度身柄を明に引き渡すよう命じてくる朱元璋に対抗するチョン・ドジョンの策に驚きです!

スポンサーリンク

チョン・ドジョン(鄭道伝)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『鄭道伝(チョン・ドジョン)』
朝鮮建国の立役者で、混乱を極めた高麗を倒し新たな国を作りだした偉大な政治家の人生をドラマ化!


(photo by KBS公式サイト

公式サイト

チョン・ドジョンDVD BOX(日本語字幕)

2014年韓国放送大賞 最高賞!(日本版)韓国ドラマ チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン主演...

「チョン・ドジョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button