王の顔・第9話のあらすじ

「貴人キム氏の逆襲」

宮廷の書庫宣祖はソン内官に若い頃の自分の夢を語ります。

民を苦しめる防納(バンナプ)の慣習を禁止しようと「正供都監(チョンゴンドガム)」という制度を導入しようとしたが派閥争いのせいで挫折した事、そしてその夢を光海君が叶えようとしている。聖君になりたいという初心を光海君が思い出させてくれたと・・・

この時は、息子に感謝するいいお父さんに見えるんですがネ~

続きを読む