ドラマ『王の顔』に登場するキャストとおもな登場人物たち

主演のソ・イングク(光海君役)、ヒロインのチョ・ユニ(キム・カヒ役)、共演のイ・ソンジェ(宣祖役)、キム・ギュリ(貴人キム氏)、キム・ソンロク(キム・ドチ役)、イ・スンジェ(ペク・キョン役)、主な登場人物の説明とキャスト達のプロフィールを紹介しています。


[スポンサードリンク]

ニュース!

人物相関図

以下の画像は「王の顔」主要登場人物です。(クリックで拡大)


ソ・イングク (光海君"クァンヘグン"役)

光海君(クァンヘグン)は李氏朝鮮15代王。

宣祖(ソンジョ)の側室恭嬪(コンビン)との間に生まれた次男。
幼い頃から聡明で知られ、最初は宣祖にも可愛がられます。

光海君が「王の顔」を持つと知った宣祖の嫉妬によって次第に遠ざけられ、父の冷たく恐ろしい仕打ちを受けることに。

本来なら王位につけない立場ですが、壬申倭乱の変(豊臣秀吉の文禄慶長の役)で宣祖に取引を持ち掛け世子(セジャ、王位継承者)の座を手に入れます。

王室とか両班だとか身分制度や権威を嫌い物事の本質を追及するタイプ。

キム・カヒと言う初恋の女性を愛し続けます。

ソ・イングクのプロフィール

ソ・イングクは韓国の歌手兼俳優です。

韓国のオーディション「スーパースターK」で72万人の応募者の中から選ばれた人気歌手。

数々のアルバムを発表する中、ドラマの主題歌なども手掛けています。

歌手活動の一方、テレビドラマにも積極的に出演し、2012年の『ラブレイン』で俳優デビュー。

『王の顔』では、2014年のKBS演技大賞・新人賞を受賞しました。

チョ・ユニ (キム・カヒ役)

キム・カヒは光海君(クァンヘグン)の初恋の相手です。

双子の兄妹として生を受けますが、「男は生かし、女は殺せ、さもなくば家を滅ぼす」という予言を受けて生まれた女性。

双子の兄が病死したことで両親から男として育てられることに。

街で儒学生として男装していたところ、光海君に出会い恋心を抱きます。

宣祖の「王に非ざる相」を打ち消す女人として、宣祖が躍起になって側室に迎えようとする女性です。

一時期、ある事が理由で光海君を憎み「愛と憎しみ」の間で揺れ動くこともありますが、光海君の危機を救う為に自分の命を捧げます。

チョ・ユニのプロフィール

 

詳細を表示する

チョ・ユニは、ドラマ『黄金の魚』で「2010年のMBC演技大賞女性新人賞」にも選ばれた期待の新人でしたが、その後しばらく注目を浴びる事がありませんでした。

そんな彼女が大ブレークを果たしたのが、2012年の『棚ぼたのあなた』(KBS)。

視聴率40%を超えた超人気ドラマです。

棚ぼたのあなた

『棚ぼたのあなた』では、チャ・ユニはパン家の次女役で登場。
2012年KBS演技大賞のベストカップル賞に選ばれました。

その勢いを借りて2013年の異色ドラマ『ナイン:9回の時間旅行』(tvN )では主演のイ・ジヌク(パク・ソヌ役)と共演し、恋人チュ・ミニョン役と演じて注目を浴びました。

イ・ソンジェ (宣祖 "ソンジョ")役)

宣祖は李氏朝鮮14代王。

世子だったころ、朝鮮随一と呼ばれる観相師ペク・キョンから、「王になってはならない相」を持っていると指摘され、その事が王となった後でもトラウマとなって残っています。

「王の顔」を持つと言われる息子の光海君(クァンヘグン)を嫉妬し冷遇することに。

ある時、自分の凶相を補う福相をもつキム・カヒの存在を知り、なんとか自分の側に置こうとしますが、その為に息子の光海君との確執を生むことになります。

イ・ソンジェのプロフィール

イ・ソンジェは多くのドラマや映画に出演するベテラン俳優です。

『九家の書』(2013、MBC)や『怪しい家政婦 』(2013、MBC)にも出演。
『九家の書』では悪役チョン・グァヌン役、『怪しい家政婦』では4人兄妹の父親役を演じ存在感を見せています。

久家の書

怪しい家政婦

[スポンサードリンク]

シン・ソンロク (キム・ドチ役)

キム・ドチは賤しい身分に生まれますが、家族をなくした後、鄭汝立(チョン・ヨリプ)という両班に拾われ学問と武芸を学び成長します。

身分の違いに関係なく平等な理想社会をつくろうとする秘密結社「大同契(テドンゲ)」の頭領となったチョン・ヨリプの忠実な弟子。

宮廷の書庫から「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」を盗もうとして失敗し、大同契が壊滅したことから宣祖を憎み、光海君を敵視しています。

シン・ソンロクのプロフィール

シン・ソロクは1982年11月23日生まれの俳優、ミュージカルでは良く知られたです。

『王の顔』KBS演技大賞・助演男優賞を受賞しました。

主なドラマ出演作は『星から来たあなた』(2013)、『トロットの恋人』(2014)など。

星から来たあなた

トロットの恋人

キム・ギュリ (貴人キム氏、後の仁嬪キム氏役)

貴人キム氏は宣祖(ソンジョ)の側室で、信城君と定遠君の母で、宣祖との間には9人もの子をなしたという宣祖最愛の側室でした。

宣祖は信城君を溺愛し、世子に冊封しようとしますが、壬申倭乱の勃発で方向転換。

いったん光海君を世子にして危機を回避しようとするしたたかさも。

しかし、息子を何としても王位につけようと光海君の失脚を虎視眈々と狙います。

ドラマでは語られることはありませんが、後年ついに念願かなって定遠君の息子・綾陽君が光海君を倒し(仁祖反正"インジョパンソ"、クーデター)第16代王・仁祖となります。

キム・ギュリ(キム・ミンソン)のプロフィール

キム・ギュリは韓国を代表する演技派女優のひとりです。

2004年にはドラマ『漢江ブルース』でMBC演技大賞優秀賞を受賞し、演技派女優の地位を確立しました。

主なドラマ出演作品は『漢江ブルース』(2004)、『武神』(2012)、『悪賢い離婚女』(2014)など。

武神

イ・スンジェ(ペク・キョン役)

ペク・キョンは朝鮮一と言われた観相師で、王族以外で「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」を見た唯一の人物。

かつて宣祖の顔が「王の顔」でないことを指摘し、宣祖から睨まれると危険を感じて官職を辞し山中に籠って弟子たちを育てます。

「大同契(テドンゲ)」壊滅と共に逃れてきたドチカヒ知恵を授ける人物。

イ・スンジェのプロフィール

イ・スンジェは韓国では知らぬ者のいない大御所的俳優で、『イ・サン』(2007)、『王女の男』(2011)、『馬医』(2012)などの歴史ドラマを初め現代物にも数多く出演する「いぶし銀脇役」です。

イ・スンジェのプロフィール

※photos by: thekingsface.com

キム・ヒジョン(世子嬪ユ・ジョンファ役)

朝廷の高官で実力者の大司諫(テサカン)ユ・ジャシンの娘で、後に光海君の世子嬪(正室)となるユ氏。
(photo by: cKBS)

キム・ヒジョンのプロフィール

キム・ヒジョンは二人いてベテラン女優(1970年生まれ)ではない「もう一人のキム・ヒジョン」が「王の顔」に出演する女優です。

キム・ヒジョンは1992年生まれ、子役出身の女優で数々のドラマに出演しています。

ウォンビンをスターダムに押し上げるきっかけとなった2000年のKBSドラマ『コッチ』でウォンビン扮するミョンテの姪「コッチ」役として登場していました。

ドラマ『コッチ』

2008年「妻のプライド~絶望と裏切りを越えて~」出演以来、暫く芸能活動を活動を中止していましたが、2015年のドラマ『Who are you-学校2015』では、ヒロインのイ・ウンビ/コ・ウンビョル役(二役)を演じ注目を浴びた女優です。

photo by: Kstyle

イム・ジギュ (ホ・ギュン役)

ホ・ギュンは、光海君の良き理解者で頼れる臣下。

自由闊達な性格ですが、少々傍若無人的な振る舞いのため、光海君の側近で内官のヨンシンはあまり快く思っていない様子です。

高麗から続く名家の出身で、わずか25歳で科挙の状元合格(主席合格)を果たすなど抜きんでた頭脳の持ち主です。

光海君の頼れるパートナー

光海君の片腕として都承旨(トスンジ)の役職を得て、光海君の秘書役という要職を務めました。

都承旨は承政院(スジョンウォン、王命の伝達と臣下の上奏の報告を行う機関)のナンバーワン(正三品)。

photo by: Twitter

後に派閥抗争に巻き込まれ悲惨な最期を遂げることに。

余談ですが、ホ・ギュンの実家筋には偉人として名高い『名医ホ・ジュン(『東医宝鑑』を編纂)』、また文人でもあったので当時の娯楽小説と言える『洪吉童(ホンギルドン)伝』の作者としても知られています。

多才な人物だったのですネ。

イム・ジギュのプロフィール

ホ・ギュンを演じるイム・ジギュは、1978年生まれの俳優。
童顔ですが、年齢的にはベテラン俳優と言っても良いほど。
長い下積み生活を送っていたようです。

転機となったのは、2007年の映画「銀河解放戦線」。
韓国・海外で注目されることに。

2011年のドラマ『最高の愛』で、有名俳優の仲間入りを果たしました。

photo by: wowkorea.jp


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button