王の顔・第2話のあらすじ

「運命の女性カヒとの再会」

光海君(クァンヘグン)は、キム・カヒに再会。

宮廷の雨乞いの儀式に参加していたカヒ光海君に気付き、避けるように遠ざかろうとした時、誤ってサンショウウオの入った甕(かめ)を割ってしまいます。

サンショウウオは雨乞いのシンボルなのですネ。

あたりは大騒ぎとなり儀式は中止となりますが、光海君カヒが町の本屋で偶然出会い、"宮廷の書庫から逃亡した賊の腕にあった「5つの星の痣」が星座(天文図)の事だ"と教えてくれた儒生だった事を覚えていたのでした。


[スポンサードリンク]

こうして「王の相」に固執する宣祖、父に妬まれる光海君、二人の運命に深く関わるカヒ、そして龍顔秘書の秘密を手に入れ世直しを図る大同契と、まさに四つ巴の物語が始まるのですネ。

引用:「(略)王宮の書庫に忍び込み、「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」を盗もうと画策したキム・ドチのせいで大同契は逆賊にされてしまう。一方、光海君(クァンヘグン)は(略)青年の正体がカヒだということに気づく。」 via DATV

二頭の龍に仕える異相を持つカヒ

その様子を見ていた観相師のコ・サンは、カヒに歩み寄る光海君の顔を見て「王の相」を持つこと、カヒが「宣祖だけでなく光海君とも相性の良い不思議な運命の相」を持つことに驚きます。

天文図はカヒの父、弘文館の副提学が書いたものだと知った光海君はなぜ、天文図が盗賊と関わっているのかと疑いを抱きます。

弘文館とカヒの父

 

詳細を表示する

(弘文館は王宮の図書の管理と古典を引用して王や官僚の諮問を受けた機関、副提学は正三品で上から四番目の位階です。
カヒの父は、大同契の首領チョン・ヨリプと親交があった事から、後に災難に巻き込まれてしまいます。)

[スポンサードリンク]

大同契の壊滅

一方、両班のチョン・ヨリプ(鄭汝立)は、大同契(テドンゲ)という秘密結社を組織し、身分の差に関係なく平等な社会を作ろうとしていました。

そして、朝鮮に出没する倭寇を撃退し、弱者である民を苦しみから救っていたのです。

チョン・ヨリプは、宮廷の書庫から「龍顔秘書」を盗み出そうとしたキム・ドチの学問・武芸の師匠でもありました。

ドチの計画が失敗に終わり、その一味が大同契だと知った宣祖は激高、大同契はヒーローから一転して逆賊の汚名を着せられてしまうのでした。

そして宣祖はなんと国宝の「龍顔秘書」を燃やしてしまうのです!

カヒは父が書いた天文図と大同契の関わりに疑念を持つ光海君広通橋で待ち合わせし、天文図を手渡します。

カヒの正体

妓楼で一緒に酒を飲んでいた時、カヒは思いもよらぬ酒豪ぶりを見せますが、酔いつぶれたカヒが持っていたヒスイの飾りを見た光海君は、彼女が幼い時に出会った初恋の女性だったことに気が付くのでした。

そして、光海君が天文図に書かれた「誰でも王になることができる」と言う言葉を見つけた事で、カヒの父にも危機が訪れる事になるのです。

感想

大同契(テドンゲ)の頭領チョン・ヨリプ(鄭汝立)は、歴史上実在の人物、後に謀反の罪で命を落とします。(1546~1589)

王朝の官僚として活躍し、優れた文人でもありました。
官職を辞した後、故郷で大同契を組織しますが、すぐに全国各地に広まったと言います。

それだけこの時代の民衆は飢えや戦乱に苦しめられていたのでしょう。

さて、光海君カヒが待ち合わせた広通橋は、ドラマ『馬医』のグアンヒョンとジニョンの思い出の場所ですネ。

ちょっと懐かしい気がしました。

馬医

また、『馬医』グアンヒョンの師匠・舍巖道人(サアムドイン)を演じたベテラン俳優チュ・ジンモチョン・ヨリプの政敵チョン・チョル役で登場したのにも驚きました。


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button