王の顔・第3話のあらすじ

「すれ違う心」

ついに再会した光海君カヒ

光海君カヒを一生守る決心をするのですが、二人に決別の時が迫っていました。

カヒに手渡された「天文図」に記された「天下に主なし、誰でも君主になれる」という文章に疑念を抱いた光海君は、カヒの父キム・ドゥソを訪ねます。

キム・ドゥソは、光海君に腕をまくって「5つの星」の印を見せ、自分は大同契(テドンゲ)の仲間だと打ち明けるのでした。


[スポンサードリンク]

引用:「「天文図」は謀反の証拠として王の手に渡ってしまい、カヒの両親は投獄される。カヒこそが宣祖(ソンジョ)の相を補う女人であると知る観相学教授のコ・サンは、宣祖の側室になれば両親を救えるとカヒに持ちかけ、カヒは心を決めて宮中に入る。」 via DATV

カヒの相が宣祖を救う特別な相だと知った宮廷の観相師から、父母救済の取引を持ち掛けられたカヒ。
苦渋の決断をしますが、これから光海君と繰り返す涙の別離の始まりだったのですネ。

光海君の葛藤

先の謀反事件の黒幕として無実の罪で捕えられた兄の臨海君を救うには、兄が大同契とは無関係であることを証明する必要があり、そうすればカヒの父が罪に連座することになるため光海君は悩みます。

父の宣祖の許を訪ね、臨海君は無実だと説得する光海君の前に、右議政のチョンチョルが現れますが、彼はなんと「天文図」を携えていたのです。

チョン・チョルは「天文図」を謀反の証拠として宣祖に手渡し、宣祖カヒの父キム・ドゥソが大同契の一味であることを知る事に。
そして、カヒの父と母は官軍によって謀反の罪で逮捕されてしまうのでした。

[スポンサードリンク]

カヒの決心

カヒ宣祖の凶相を補う福相を持つ女人だと知る観相師のコ・サンから、宣祖の側室になるよう勧められたカヒは父母の命を救いたい一心で、その誘いに乗る事を決心するのでした。

カヒを見たソン内官(観相の師匠)は、彼女が高貴な相を持っていることに感心しますが、同時に「二頭の龍に仕える相」を持つことに内心驚きます。

悲しき誤解

カヒは父の逮捕が光海君告げ口のせいだと誤解し、光海君を激しく憎むことに。

一方、光海君は愛するカヒが両親を救う為とはいえ、自分を捨てて父の側室となる道を選んだことに激しく動揺します。

しかし、カヒ光海君を憎む一方で愛しい人と決別せねばならない悲しみで切なさのあまり涙を流します

絶望した光海君は自暴自棄となり、酒に溺れる毎日を送るのでした。(気持ちわかりますネ~)

宣祖の優柔不断

ある時、光海君は、「龍顔秘書」とは「王の顔」について書かれた王室秘伝書である事を知ります。

カヒと対面した宣祖はその美しさに心を奪われ是非側室に迎えたいと考えますが、カヒが逆賊キム・ドゥソの娘だと知り思い悩みます。

自分の凶相を補うカヒを側室になんとか迎えたい宣祖は、一方で逆賊の娘を側室に迎えることに躊躇します。

そして、周囲の非難の声に決心した宣祖は、カヒを内禁衛(王の親衛隊)に逮捕させることに!

感想

光海君カヒ

お互いに惹かれながら一緒になれない男女の悲しく切ないロマンスが何とも哀れです。(二人の王に仕える観相とは皮肉でした)

内禁衛に逮捕されてしまったカヒは一体どうなるのでしょうか?

さて、光海君の護衛で内官のイム・ヨンシンはドラマ『馬医』でグアンヒョンの医生仲間のテマン役を演じたユン・ボンギルです。

『馬医』

なんとも愛嬌のある顔立ちでユーモラスな演技が今回も心を和ませてくれますネ。


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button