王の顔・第5話のあらすじ

「光海君に与えられた試練」

ドチ光海君が受験した科挙のさなかに起きた宣祖毒殺未遂事件で、ドチは宣祖に「もし観相で真犯人を見つける事ができたら自分を科挙の主席合格にしてほしい」と願い出ます。

死んだ毒見役を見て、二人は彼女の死因が毒によるものではなく、病死であることを探り出すのでした。

ドチただ一人が宣祖の課題に正解することになり、主席合格間違いなしと思われましたが、主席合格者は別人だったのです!


[スポンサードリンク]

ニュース!

引用:「ドチは試験を受けた者の中で唯一、宣祖(ソンジョ)の出した課題に正解するが、ドチのことを危険視したコ・サンの策略によって不合格となる。(略)ドチは、宣祖の側室・キム貴人(クィイン)の兄キム・ゴンニャンに接近する。(略)カヒは王子たちが狩りに興じているところを狙って矢を放つのだが…。」 via 【連続放送】王の顔 第5話 矢の行方 あらすじ - DATV

ついに光海君の宿敵ドチが登場しますネ。
その邪悪な行動が光海君を散々苦しめるようになりますが、これからのお楽しみです・・・

実はドチが危険だと感じた観相師コ・サン意図的に不合格にしたのでした。

試験会場を去るドチを見て光海君は、その異相を見てドチ「朝鮮を揺るがす相」だと見抜いていました。

ドチ、貴人キム氏に接近

ドチは宮廷の観相師になる道が絶たれてしまい、宣祖の側室の貴人キム氏に接近することを画策。

その兄キム・ゴンニャンに接触することに。

カヒと共にゴンニャンを訪ねたドチは、まず「金の亀」を見せ、盗品を扱う店で買ったもので贈り物に持ってきたと切り出します。

それは先日、商人チャン・ステと倭寇の闇取引現場で押収したものでした。

「金の亀」は、王や王妃を示す宝物でゴンニャンが盗み出し商人チャン・ステに横流ししたものだと勘付いていたのです。

ゴンニャンの観相を見て「貴人キム氏こそが天下を握る事になる」そして「自分こそが貴人とゴンニャンを支える事ができる観相師」だと脅迫混じりに売り込みを図るのでした。

[スポンサードリンク]

光海君暗殺計画の顛末

ゴンニャンは二人を捕え、光海君を暗殺することができればドチを仕官させると切り返します。

ある日、光海君は宣祖と王子たちが遊んでいた狩場で編み笠の怪しい人物を目撃します。

光海君は知りませんでしたが、この人物はカヒだったのです。

揺れるカヒの心

カヒを探す光海君に矢を射ようとするのですが、どうしても撃てません。

カヒの脳裏には幼い頃の光海君との思い出が浮かんでいたのです。

そこへ弟の信城君(シンソングン)が現れますが、信城君を嫌う兄の臨海君が放った猟犬が襲い掛かります。

信城君のウソ

光海君信城君を庇おうと飛び出しますが、狙いを誤ったカヒの矢が信城君に当たってしまうのでした。

そこへ現れた宣祖信城君に矢で射たものは誰かと尋ねると、なんと光海君兄上です」と答えます。

ずる賢く卑劣な嘘ですネ!
そして、光海君は捕えられ投獄されることに。

その後、死んだ猟犬に刺さっていた「紅竹矢(ホンチョクサル)」を王の親衛隊が目撃します。

ドチの仕官

逃げるカヒは、王の親衛隊の追跡を逃れますが猟犬に襲われます。

猟犬を矢で殺しなんとか逃亡し、深手を負ってゴンニャンの屋敷に戻るのでした。

光海君の暗殺には失敗したものの、信城君の世子冊立に貢献したというドチの主張でドチの士官が決定するのでした。

光海君に与えられた試練

宣祖光海君が犯人でない事を知っていました。

内禁衛(王の親衛隊)から犯人は別にいると報告を受けていたのです。

それでも宣祖光海君に真犯人を探し出すように5日間の猶予を与えるのでした。

そして、犯人を見つけられなければ「平民に落す」と冷たい宣告を!

感想

光海君にどうしても矢を放てないカヒ

脳裏に浮かぶ幼い頃の淡い恋心に揺れ動くカヒの姿は涙を誘います。

光海君が真犯人でない事を知る宣祖の意地悪が続きます。

しかも、真犯人を5日以内に探せなければ「平民に落す」と冷たい仕打ち。

辛い心境の光海君もまた哀れです。


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button