王の顔・第8話のあらすじ

宣祖の夢

突然、光海君(クァンヘグン)の家に現れた宣祖は「信城君(シンソングン)の暗殺未遂犯が光海君の家に隠れている」との内禁衛(王の親衛隊)隊長の報告でやって来たのでした。

宣祖は扉を開け家の中に入ってきます。


[スポンサードリンク]

咄嗟の機転

しかし、そこにいたのは男ではなく妓生だと名乗る女性でした。

カヒは咄嗟に男装を脱ぎ、女性の服に着替えたのです。

光海君は、今の生活があまりにも寂しいので妓生を呼んだと弁解するのでした。

こうしてカヒは難を逃れる事ができたのです。

逆転の秘策

引用:「大同契(テドンゲ)の無実を証明するために、チャン・ステの帳簿と先代の王妃の印章である金宝(クムボ)を賭けて、キム・ゴンニャンと光海君(クァンヘグン)の勝負が始まった。」 via DATV

一発逆転の妙案を思いついた光海君。
今回は胸のすくような活躍が待っています。キム・ゴンニャンと貴人キム氏の狼狽ぶりが小気味よいです。

[スポンサードリンク]

驚くべき秘密帳簿の謎

光海君と手を組んだ臨海君(イムヘグン)は、ゴンニャンを利用して信城君に打撃を与えようとチャン・ステから秘密帳簿を手に入れます。

帳簿を見た光海君は、その内容が「取引記録だけでなく宮廷の上下官僚たちの不正の全ての記録」だという事に驚くのでした。

ある時、ゴンニャンは謎の人物から手紙を受け取ります。

そこには「秘密帳簿を手に入れたので、(盗んだ)"金の亀"をかけて賭け勝負がしたい」と書かれていました。

貴人キム氏一派との大勝負

賭け勝負の場にゴンニャン光海君臨海君の顔が揃います。

一進一退の勝負の後、ついに光海君が勝利、帳簿と金の亀の両方を手にするのでした。

貴人キム氏に、勝負に負けて「帳簿と金の亀」を光海君に奪われたことを報告するゴンニャン

金の亀が、宣祖を王にした「仁順王后(インスンワンフ)の金印」だと知るキム氏は、宣祖に露見した時の恐怖で不安を隠せませんでした。

弱みを握った光海君貴人キム氏に持ち掛けた取引とは、キム氏宣祖信城君暗殺未遂事件は、信城君を世子にするためのキム・ゴンニャンの陰謀であった」と告白する代わりに「盗まれた金の亀をそっと王宮の宝物庫に戻す」というものでした。

宣祖の前で告白する貴人キム氏、そして宣祖はこの真相を暴いたのが光海君だという事を聞かされるのでした。

宣祖の夢

宣祖の誤解も解け、秘密帳簿を渡すよう言われた光海君ですが、「自分のように自由に動ける身の者が持ってこそ武器となる」そして「私腹を肥やし民を苦しめる役人・高官たちを脅迫して、"宣祖の夢"だった改革を成し遂げたい」と言うのでした。

一方、腕の良い化粧師がいるという評判を聞きつけた「王妃・懿仁王后(ウィインワンフ)」は、カヒを王宮に呼ぶことに。

感想

ついに始まった光海君の活躍。

貧しい民を救おうと私腹を肥やす役人や大臣達を懲らしめようとするのですネ。

光海君のせいで今回は屈服せざるを得なかった貴人キム氏、このままでは引き下がらないでしょう。

そして、化粧師として宮廷に行ったカヒがある人物から語られたこと。

なにやら波乱を感じさせる展開になって来たのですが・・・


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button