王の顔 あらすじ第15話

「都城の奪還計画」

倭軍は漢城の宮廷を蹂躙し多くの民を殺戮していました。

その頃、光海君は全国各地を転戦し、義勇軍とともに倭国軍と戦っていたのです。

行く先々で勝利を収める光海君の噂は宣祖の耳にも伝わっていました。

そんな中、明国は勝手に倭国と和睦を結び戦を終結させようと画策するのです。


[スポンサーリンク]



 

宣祖の嫉妬

光海君に対する称賛の声と明国の横柄な態度に「へそを曲げた」宣祖は、「光海君に譲位する」と意地を貼る事に。

明国と倭国の和睦の事実を知った宣祖は驚きますが、光海君が倭軍撤退前に彼らを撃滅したいと申し出る事に。

明の機嫌を損なう事を恐れる宣祖に、光海君は「朝鮮の意思とは関係なく勝手に結んだ和睦など無視するれば良い。それでも心配なら自分が一義勇兵として勝手に戦うので、宣祖は知らなかった事にすればよい」と告げるのでした。

漢城奪還計画

倭国の将軍・木下は、和睦の取り決めによる撤退を前にして、朝鮮の陶工を始めとする多くの民を連行し、財宝を漁っていました。

復讐の一撃の機会を狙う光海君は、敵と通じて一儲けを働いた商人チャン・ステを脅し、大同契達と共に漢城に潜入します。

ドジと貴人キム氏の暗躍

一方、ドジと貴人キム氏は明国に逆らい倭軍を攻撃しようとする目障りな光海君を陥れる陰謀を巡らせます。

なんと、敵将の木下光海君の襲撃の計画を伝え、光海君を殺してもらう様に働きかけるのでした。

民の思い

宮殿の前では、倭軍に捕えられた数多くの民が・・・

民の中に紛れ込んだ光海君を探す為、名乗り出させるため民を殺し始めます。

耐えられなくなった光海君が自ら名乗り出ると、民たちは口々に「自分が光海君だ」と叫ぶのでした。

民と共に投獄された光海君は、「光海君が最後まで民を見捨てなかった」ために光海君を庇った事を知り感激します。

宮廷突入

カヒは、貴人キム氏と手を握り信城君を世子にするために光海君を陥れようとしたドチの陰謀を知り、ついに対決することに。

その時、病に臥せっていた信城君があっけなく死んだとの知らせが届きます。

そうこうするうち、朝鮮の義勇軍が宮殿に突入し、光海君たちを助け出し倭軍との戦いが始まりした

敵将の木下と激しく切り結ぶ光海君

ついに木下を斬り伏せます。

感想

民は光海君が自分達を命がけで守る世子だと信じてくれたのですネ。

自分が世子だと我先に名乗り出て、光海君をかばう姿は感動的でした。

敵将を斬ってしまった光海君、倭国との和議の行方はどうなるのでしょうか?


[スポンサーリンク]


王の顔 全23話のあらすじ一覧表

王の顔 各話のあらすじ
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第09話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第21話
第22話
第23話

おすすめ韓国ドラマ一覧