王の顔 あらすじ第14話

「首都奪還作戦」

倭軍との戦闘中に銃弾を受けた光海君

カヒ達の手厚い看病で意識を取り戻します。

しかし、光海君らの奮戦もむなしく首都・漢城はついに倭国の手に落ちてしまうのでした。

そして倭軍は更に北上し、宣祖が避難していた平壌まで占拠することになり、宣祖は各地を逃げ惑う事に。


[スポンサードリンク]

引用:「敵将の木下は朝鮮の王宮と民を蹂躙し、手柄を立てようと朝鮮の宝物を集めていた。そんな中、光海君(クァンヘグン)は全国各地を回って義兵を募り、共に敵と戦いながら義兵軍の指揮をしていた。(略)一方、避難先で明に援軍を要請したことにより屈辱を受けた宣祖(ソンジョ)は、光海君に対する称賛の声を耳にして腹を立て、光海君に王位を譲ると言い出す。」 via DATV

破竹の勢いで進撃する倭軍は漢城、平壌を抜きますが、各地で義勇兵を募って転戦する光海君の活躍で次第に勢いを失っています。

光海君の活躍に脅威を感じた貴人キム氏は、宣祖を焚きつけ明への援軍を要請。
屈辱を乗り越えて国を救った聖君になりたい宣祖は、今や英雄となった光海君への嫉妬と怒りで譲位を宣言してしまいます。

宣祖って、まるでダダっ子ですが権力を持っているからなお始末が悪いですネ。
腹いせに心にもない譲位宣言で気を引こうとしています。
臨機応変の貴人キム氏も相変わらずの悪女ぶり。

ともあれ、ついに首都決戦です!

[スポンサードリンク]

反撃開始

倭国軍の快進撃を止めたのは、明国軍と呼応した英雄イ・スンシン(李舜臣)将軍が率いる水軍と義勇軍の活躍でした。

平壌奪還

お蔭で、朝鮮は平壌を奪還し宣祖は胸をなでおろします。

一方で、明国は密かに倭国との和睦を画策、倭軍は釜山まで撤退の最中でした。

カヒの活躍でこの事を知った光海君は、倭軍追討作戦を開始するのでした。

形勢不利に陥り、光海君の動きを知った敵将の木下は歯軋りする思いで怒りを抑えきれません。

その頃、光海君が率いる義勇軍は各地で倭軍を次々と撃破、漢城に迫っていました。

予期せぬ和睦交渉の黒幕

ところが、裏では密かに明国と倭国の講和交渉が始まっていたのです。

なんと!倭国との講和は明の将軍イ・ソヨンと結託した貴人キム氏の仕業でした。

戦を早く集結させ、息子の信城君を世子に据えたい貴人キム氏は、イ・ソヨンに賄賂を贈り和睦を勧めようとしていたのです。

五拝三叩頭

宣祖がこの事を知れば大反対する事は目に見えているので、宣祖が到底受け入れる事の出来ない「屈辱の"五拝三叩頭"」を講和撤回を条件にまで考えていたのです。

譲位宣言

貴人キム氏イ・ソヨンの意に反して、宣祖「五拝三叩頭」を受け入れ日本軍殲滅のうえ漢城奪回を決意します。

宣祖は、屈辱を舐めてでも自分が都城(漢陽)を取り戻し、国を救った聖君になりたいと野心を抱いていました。

ところが、既に光海君が大活躍し民衆の厚い支持を得た事をねたんだ宣祖は、いきなり光海君に譲位するとダダをこねるのでした。(嫉妬のあまり、もう破れかぶれです)

漢城奪回を画策する光海君のもとへ、宣祖が王位を譲位するという知らせが舞い込みます。

そして、光海君は、譲位を思いとどまるよう説得する為に宣祖に会いに行くことに。

また、この勢いを借りて敵を殲滅したい光海君は、明が朝鮮抜きで勝手に始めた和議を何としても阻止しようとしていました。

感想

逃げ回っていた宣祖が、朝鮮軍が勢いを取り戻すやいなや倭軍を追い払って国を救った英雄になろうと画策するあたり・・・なんとも優柔不断で恥知らずなのでしょうネ。

これでは民衆に見捨てられても無理ないかもしれません。

倭国との和睦の黒幕は、なんと貴人キム氏

国や民を顧みず、信城君を世子にしたい一心で盲目のふるまいをする彼女も不届き千万です。

さて、今や英雄となった光海君漢城奪回作戦は成功するのでしょうか!?


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button