王の顔・第23話のあらすじ

「王の顔と民の顔」

光海君は廃世子を宣下され官軍に取り囲まれて最大のピンチを迎えていました。

その頃、カヒ宣祖にお茶を振る舞いながら「本当に永昌大君(ヨンチャンテグン)を世子にするつもり」か確かめますが、宣祖の決意は固いようです。

宣祖の元へ現れた光海君は、「謀反など誤解だが、自分は龍顔秘書を持っており、王の顔に固執せず民の顔を守る君主となって欲しい」と訴えます。


[スポンサードリンク]

引用:「カヒは光海君(クァンヘグン)を廃位の危機から救うため、宣祖(ソンジョ)に毒を盛って暗殺し、自らもまた命を絶とうとする。王妃は幼い大君(テグン)を王座に据えようとするが、(略)光海君に王位継承の命令を下す。(略)ドチは、光海君から王座を奪うため挙兵する。」 via DATV

いよいよ最終回。
苦難の末やっと王座に就く光海君は宿敵を倒した今、何を思い、何を成し遂げようとしているのでしょうか?
このドラマのテーマである「王の顔」とは何なのかが、光海君の口から語られます。

宣祖暗殺

宣祖は激怒光海君に掴みかかりますが、突然倒れてしまう事に。
その頃、カヒも自分の部屋で倒れていました。

光海君を救う為、毒入りのお茶を宣祖に飲ませたカヒは自殺を図ったのです。

宣祖の急死に慌てた王妃は、まだ幼い永昌大君を王の座につけようとしますが、周囲は大反対の嵐。

結局、王妃は壬申倭乱での功績や経験の多さから光海君を新王として冊封するとの教旨を下すことになるのです。

この事を知った臣下のヨンシンホ・ギュンは大喜びするのでした。

ドチの死

一連の悲劇の原因であるドチを葬り去る為の行動を起こした光海君は、王妃の力を借りてドチを誘い出す罠を仕掛けます。

一方、ドチは、これが罠だと知りながら挙兵し光海君と最後の戦いをする決意を固めます。

私兵を率いて王宮に乱入したドチは、光海君と激しい闘いを繰り広げますが反乱軍は壊滅。

しかし、ドチがいずこかへ姿をくらまします。

光海君は王座に座っていたドチを見つけ。斬り合いの末に捕縛、ドチを公開処刑にすると言い放ちますがドチは自決する道を選ぶのでした。

[スポンサードリンク]

光海君の新王即位

ついに第15代朝鮮国王として即位した光海君

世子となってから実に16年も経ってからの王位継承だったのです。

国王となり、光海君は、戦乱で疲弊した国と民を救う為に頭を痛め続けていました。

民を苦しめる防納(バンナプ)を廃し、田畑の面積や富の多さに応じて税を納めるという大同法(デドンボプ)を導入することを強く勧めるホ・ギュンでしたが、光海君はこの事を真剣に推し進めようと決意していたのです。

防納(バンナプ)

詳細を表示する・閉じる

朝鮮には年貢に加えてその土地では生産できない特産品まで献上させる貢納制という制度がありました。特産物を買う金のない農民に代わって商人や両班が代納し、その代金を高利で貸し付ける行為を防納と呼びます。

カヒとの永遠の別れ

自殺を図ったカヒは生きていました。

駆けつけた世子嬪によって救い出され、私邸で密かに暮らしていますが声を失っていました。

光海君はそんなカヒを訪ね、今までの感謝の気持ちを伝えるとともに、「王の顔は民が作るもの。民の顔を見ると王がどのような君主であるかがわかる」と続け、「自分が聖君になれるよう陰から祈り励まして欲しい」告げるのでした。

そしてカヒを守るため「二度と会いに来ない」と結び、カヒの元を去っていきます。

感想

世子となってから王になるまで16年も待ったのですネ。

ドラマでも語られたように紆余曲折を経てやっと夢の実現のスタートラインに立てた訳です。

王の顔民の顔で決まる」というくだり、なかなか印象的な響きでした。

「民が幸せな顔なら王の顔も聖君であり、そうでなければ王の顔にあらず」という悟りのもと光海君は民を救う大同法の施行など様々な改革を進めていくのです。(関連記事:

カヒとはついに結ばれることはありませんでしたが、心はしっかりと結ばれていました。

これが救いと言えば救いなのですが・・・


[スポンサードリンク]



 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button