韓国ドラマ「三銃士」第11話のあらすじと感想

三銃士第11話のあらすじ

(ネタバレ注意!)

ダルヒャンが漢陽へ向かった頃、安州では騒動を起こした罪で、ソヒョンたち三銃士が役人たちに逮捕されます。

ところが、捕まえた者たちがソヒョン世子とその護衛武官だと知った監察使は間違いに気づき恐縮していました。

ソヒョンは仁祖に間違った報告をした監察使に、ダルヒャンは真実を知らせに漢陽へ向かった事を告げ、過失を認めるなら命は助けてやっても良い」と何やら提案をしています。

この後、暫くして三銃士は国境までヨン・ゴルデを無事送り届けるのでした。

スポンサーリンク

ダルヒャンの出世

漢陽へ戻ると、内官に「仁祖ソヒョンの留守がバレて、世子は賭博場にいると咄嗟の嘘をついた」と報告を受けます。それで、仕方なくソヒョンスンポミンソはアリバイ作りに賭博場へ。

賭博場では、既に仁祖が遣わした兵が待ち構えており、宮殿へ連行されます。

仁祖三銃士をこってり絞り上げる傍ら、ダルヒャンの命がけの活躍をほめちぎり、彼を内禁衛(ネグミ、王の親衛隊)の武将に採用するのでした。

少し時間は遡り、監察史は提案通りキム・ジャジョムを捕え、ヨン・ゴルデジャジョムの罪を暴く証人になってもらう事にして、正しい報告書を漢陽の仁祖の元へ送っていました。

仁祖はこの報告を読み、ダルヒャンの活躍にいたく感動したという訳です。

ダルヒャンの活躍は三銃士の助けがあっての事でしたが、彼らはあえてその事には口をつぐみ、ダルヒャンの昇進を喜びます。

一方、ソヒョンユンソと久々の再会をすることに。

ヒャンソン逮捕!

そうこうする内ダルヒャンから「ヒャンソン(ミリョン)を捕えた」という報告が!

ダルヒャン「次の世子嬪はミリョンを推薦するという覚書」ソヒョンが署名したので、次の指示を聞きに来いと言うニセの連絡を渡したのでした。
ミリョンは、ダルヒャンが仕掛けた罠にみごと嵌ったのでした。

ソヒョンヒャンソンに会いに行くと、彼女は今までのいきさつを得意になって洗いざらい告白。

ソヒョンは彼女の愚かな行動に呆れながらも、ヒャンソンを籠に乗せ「一緒に漢陽へ行こう」と騙します。

ついに夢にまで見た世子嬪になれると有頂天のヒャンソンが行き着いたのは宮殿ではなく、義禁府の獄舎だったのです!

スポンサーリンク

脱獄そして復讐開始

ダルヒャンに騙された事を知ったヒャンソンは義禁府の牢獄で一計を案じ、まんまと脱獄を果たします。狂言自殺を実行に移し、看病係の医女を害して宮殿から逃亡に成功するのでした。

その頃、息子の出世を喜び上京したダルヒャンの父が、スンポが遣したという酒を飲んでいます。

一方ソヒョンに会いに宮殿を訪れたダルヒャンソヒョンの留守を知り、脱走したヒャンソンの罠にかかったのではないかと心配し、行方を探すことに。

犠牲者相次ぐ

家に剣を取りに帰ったダルヒャンは、父がそこでこと切れているのを発見するのでした!

ユンソに会いに行ったソヒョンにも異変が起きていました。

馬に乗ろうとした時、あったはずの弓が無くなっていたのです。

そして、一本の矢がユンソを貫くことに!

第11話の感想

ダルヒャンが内禁衛の武将にいきなり昇格するまでは良かったのですが、ヒャンソンを捕えた時から事態が急変しました。

ヒャンソンは、かなりのタマですネ。

根っからの悪女なのでしょう。

ついに彼女の復讐が始まり、最初の犠牲者が!

そして、矢が当たったユンソは一体!?

スポンサーリンク

韓国ドラマ『三銃士』あらすじ一覧 1話~12話
01話 02話 03話 04話 05話 06話
07話 08話 09話 10話 11話 12話

News! 韓国ドラマ『三銃士』の後継番組として『そして誰もいなくなった』(アガサ・クリスティー)が11月27日(日)夜9時から放送決定しました。⇒ あらすじ・キャスト・見どころ等…放送終了

三銃士(The three masketeers)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『三銃士』
波乱の人生を生きた昭顕世子(ソヒョンセジャ)とダルヒャン、ホ・スンポ、アン・ミンソら銃士たちが朝鮮半島と中国大陸を股にかけ国を守るために繰り広げる壮大な歴史アドベンチャー。

公式サイト

NHK公式サイト:三銃士 - NHK

tvN公式サイト:tvN(韓国語)

おすすめ韓国ドラマ一覧