韓国ドラマ「三銃士」第8話のあらすじと感想

三銃士第8話のあらすじ

(ネタバレ注意!)

一連の騒動も一段落しましたが、ユンソ(世子嬪)は、ソヒョンの具合が気がかりでなりませんでした。

そこへ知らせが入り、ダルヒャンスンポミンソが義禁府に連行されたとの連絡が届きます。

スポンサーリンク

ヒャンソン(ミリョン)宮殿に出現!

そしてソヒョンが宮殿へ運ばれてきます。ユンソが見守る中、御医がソヒョンの治療に大わらわ。しかし、血しぶきを浴びてしまったユンソは気を失ってしまうのでした

ユンソが気が付くと、そこには見覚えのある顔が・・・

なんと!それは、医女姿のヒャンソンミリョン)だったのです!

部屋から出て行ったヒャンソンユンソが追いかけ問い詰めると、ヒャンソンソヒョンが心配で宮殿へ来たと答え、ソヒョンが刺された理由を説明し、立ち去って行きます。

しかし、ユンソに向けた視線には、どこか憐れむような、また嫉妬するような感情が混じっていました。

謀反計画の失敗

その頃ソヒョンの頼みでユンソヨン・ゴルデ将軍を僧侶に変装させ宮殿の外に連れ出していました。

そして、チェ・ミョンギルの提案で仁祖ゴルデと手を結び、謀反を未然に防ぐことに成功します。

ヨン・ゴルデは、ソヒョンと和平合意を確認し、キム・ジャジョムは再び北方へ左遷されることに。

ダルヒャンの復職

一方、牢獄では、ダルヒャンスンポミンソたちが収監されています。(...ソヒョンと無茶な博打をしたという事で、仁祖に捕縛されたことになっている)

一か月後、ダルヒャンスンポミンソたちは無事に釈放されるのでした。

ソヒョンは、仁祖の疑いを解き、なんとか和解したようです。

ダルヒャンと三銃士たちがスンポの家でくつろいでいた頃、王命が届けられます。

スンポミンソは官位を剥奪のうえ百日間の謹慎を命じられ、ダルヒャンは使節団の警護役として復職を認められました。

ダルヒャンに届けられたソヒョンの手紙

使節団に追いついたダルヒャンは、内官から、ソヒョンからの手紙と懐剣を渡されます。

手紙には、「勝手に忠誠を誓ったから、許可の証拠を渡す」と記されていました。

ヒャンソンの暗い過去

謀反に失敗したキム・ジャジョムは、失敗の原因はヒャンソンの裏切りのせいだと悔しがっていましたが、そこへノスが現れ「ヒャンソンを連れてきた。彼女は(病気で)死にかかっているから好きにしてくれ。」と言います。

その頃、ヒャンソンの本当の姿が浮き彫りになっていました。

スポンサーリンク

塗り固められた嘘

礼曹判書ユン・ウイリプの娘ミリョンは体が不自由で生涯を抱える女性でした。(美人でもなかった)
しかし、権勢家の体面を気にしたミリョンの母が、下女で絶世の美女ヒャンソンミリョンの替え玉にし、外での色々な行事に参加させていたのです。

ソヒョンの母が、その美女ぶりを耳にしてヒャンソンを世子嬪候補として宮殿に呼んだ時、ソヒョンヒャンソンに一目惚れ。

縁談は礼曹判書ユン・ウイリプの単身赴任中に、トントン拍子に進んでいましたが、事実を知るウイリプはこのことを知り、結婚を阻止しようとします。

ヒャンソン自決の理由

怒ったヒャンソンは、本物のミリョンを井戸に突き落としますが、それをソヒョンが目撃してしまい、自決するよう命じたというのが真相だったのです。

この事を知ったジャジョムは姦計を巡らせ、病床のヒャンソンに、「私が世子嬪にしてやろう」と奇想天外な話を持ちかけるのでした!

第8話の感想

ついにミリョンヒャンソン)とソヒョンの本当の関係が全て晒されました!

ソヒョンは、ヒャンソンミリョンの偽物だったことを知っていたのですネ。

しかし、二人の愛情はかつては本物だったようです。

さて、ヒャンソンの正体を知ったもう一人の人物、キム・ジャジョム

謀反の夢を打ち砕かれましたが、ヒャンソンを使って起死回生を狙っているようです。

次回はどんな展開を見せるのか!?

スポンサーリンク

韓国ドラマ『三銃士』あらすじ一覧 1話~12話
01話 02話 03話 04話 05話 06話
07話 08話 09話 10話 11話 12話

News! 韓国ドラマ『三銃士』の後継番組として『そして誰もいなくなった』(アガサ・クリスティー)が11月27日(日)夜9時から放送決定しました。⇒ あらすじ・キャスト・見どころ等

三銃士(The three masketeers)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『三銃士』
波乱の人生を生きた昭顕世子(ソヒョンセジャ)とダルヒャン、ホ・スンポ、アン・ミンソら銃士たちが朝鮮半島と中国大陸を股にかけ国を守るために繰り広げる壮大な歴史アドベンチャー。

公式サイト

NHK公式サイト:三銃士 - NHK

tvN公式サイト:tvN(韓国語)

おすすめ韓国ドラマ一覧