韓国ドラマ「三銃士」のあらすじ概要とキャスト解説

概要あらすじキャスト

韓国ドラマ「三銃士」とは

ドラマ「三銃士」は、朝鮮王朝史の世子(皇太子)の中で最も悲劇的な運命を生きたといわれる昭顕世子(ソヒョンセジャ)の波乱万丈の人生を掛け合わせたスペクタクル時代劇です。

主人公パク・ダルヒャンを演じるジョン・ヨンファ(CNBLUE)、昭顕世子(ソヒョンセジャ)役にはイ・ジヌク、世子の護衛武官ホ・スンポ役にヤン・ドングン、そして3番目の銃士で同じく護衛武官のアン・ミンソ役にはチョン・ヘイン、世子嬪(セジャビン=皇太子妃)役には「スベクヒャン」で知名度を上げた女優ソ・ヒョンジンが出演しドラマに花を添えます。

2014年7月21日~2014年8月6日、tvNで放送されたドラマで全12話構成となっています。

スポンサーリンク

ドラマのあらすじ

清国への朝鮮使臣団の一人として北京を訪れたある人物が、紫禁城の書庫で『パク・ダルヒャン回顧録』という古い一冊の本を見付けるところからドラマが始まります。

この『パク・ダルヒャン回顧録』の主人公ダルヒャンは、江原道という地方に住んでおり、勇気と行動力に優れ、強い信念の持ち主だが、田舎者なのに我儘でプライドが高いところが玉に瑕でした。

都からこの地に遊びに来た初恋の人ユンソを一途に想い続けており、ユンソとの結婚の約束を果たすため上京して武官試験を受ける固い決意のもと、日々武芸の鍛錬を欠かしません。

ダルヒャンは、武官試験を受けようと漢陽へ上京することを決意、父から託された遠縁の戸曹判書(ホジョパンンソ、財務大臣)への紹介状、母からは餞別を貰って意気揚々と出発します。

漢陽へ到着したダルヒャンは宿を取るが、試験日の前夜に正体不明の賊が侵入、合格者候補達を襲うところを目撃することに。

賊を追うダルヒャンは、自分達を三銃士と呼ぶ謎の三人組と遭遇することになるのですが・・・

ドラマの主なキャスト

三銃士の主なキャストと登場人物(左がキャスト、右が登場人物)を紹介します。

ジョン・ヨンファ(CNBLUE)(パク・ダルヒャン)

原作で言うダルタニアン役

パク・ダルヒャンは、江原道という田舎出身の武官候補生。武官登用試験のため首都の漢陽へ上京するが、そこで三銃士と名乗る謎の人物達と出会う。

幼なじみのユンソ(ソ・ヒョンジン)と将来結婚することを夢見ている。

イ・ジヌク(昭顕世子、ソヒョンセジャ)

原作で言うアトス役

第16代国王・仁祖(インジョ)の王子で世子(王位継承者)。
頭が良く、冷静沈着で、行動的がある貴公子。三銃士のリーダーで、護衛武官のホ・スンポ、アン・ミンソを従え隠密行動を取る。

ヤン・ドングン(翊衛司ホ・スンポ、護衛武官)

原作で言うポルトス役

昭顕世子(ソヒョン・セジャ)の護衛武官。ソヒョンの幼なじみで明るく豪快な性格。賭け事に目が無い。

武芸の達人だが、恐妻家なのが玉にキズ。

チョン・へイン(翊衛司アン・ミンソ、護衛武官)

原作で言うアラミス役

昭顕世子(ソヒョン・セジャ)の護衛武官。僧侶出身という異色の剣士。

イケメンで女性にもてるが、無駄な殺生を好まないストイックな一面を持つ。

ソ・ヒョンジン(世子嬪ユンソ、姜嬪 "カンビン")

原作で敢えて言うならコンスタンスとアン王妃のミックス

世子嬪、昭顕世子の正室。

ダルヒャンが一途に愛する女性でもある。

ダルヒャンと結婚の約束をしていたが、運命の悪戯で世子嬪としてソヒョンに嫁ぐことに。

ソ・ヒョンジンはドラマ「スベクヒャン」、「火の女神ジョンイ」にも出演しています。

ユ・イニョン(ミリョン)

原作で言うミレディ・ド・ウィンター

昭顕世子の初恋の女性で、謎の美女。死んだと思われていたが背後に秘密を持っている。

ドラマ「奇皇后」ではシルクロードの交易を牛耳る遊牧民族、突厥族のボスを演じていました。

パク・ヨンギュ(キム・ジャジョム)

原作で言うリシュリュー枢機卿

朝鮮の重臣だが、野心家。権力への異常なまでの執着があり、手段を選ばない冷酷なところがある。

鄭道伝」では、高麗末の奸臣イ・イニム役を演じていましたが、今回もハマリ役で登場。

チョン・ノミン(チェ・ミョンギル)

原作で言うトレヴィル

三銃士の師匠。合理的で理性的な実利主義者で、タルヒャンと世子の強力な支援者で父親的存在。

六龍が飛ぶ」では、高麗貴族ホン・インバン役を好演しました。

キム・ミョンス(仁祖、インジョ)

Kim_Myung-Soo.jpg

朝鮮第16代王。昭顕世子の父、優柔不断で疑り深い性格の王を演じている。

キム・ミョンスは歴史ドラマを得意とする俳優で、代表的な時代劇としては『王の顔』(2014)、『チャン・ヨンシル』(2016)など。

photos by: AsianWiki

スポンサーリンク