News!

イニョプの道」が再放送開始!2017年4月22日(土) より! !

[スポンサーリンク]

チョン・ユミが出演したおすすめドラマ総ざらい【保存版】

この記事の所要時間: 558

NHK-BSプレミアムの韓国ドラマ『イニョプの道』でヒロイン、イニョプ役を演じたチョン・ユミ。2004年のドラマ『愛情の条件』でデビュー以来12年の月日が流れ、演技にますます磨きがかかってきました。そこで、チョン・ユミが出演した話題のおすすめドラマを追いながら彼女の魅力に迫ってみたいと思います。

下女になったイニョプの身分とその扱い(階級制度)

この記事の所要時間: 332

イニョプの道、第9話あたりで下女のイニョプ(チョン・ユミ)とタンジ(チョン・ソミン)のいずれかが他家もしくは市場で売られることになるエピソードが語られます。

ドラマのあらすじは、あらすじ紹介のページを見てもらうとして、ここでは朝鮮の身分制度と下女たち奴婢(ノビ)の取扱いについて語ってみたいと思います。

イニョプの道クク・ユのモデルとなった府院君は?

この記事の所要時間: 317

イニョプの父クク・ユは府院君。李成桂の朝鮮建国を助けた建国の功臣であり、かつ現在の王・太宗の信頼も厚い人物のようです。そこで、イ・ソンゲとイ・バンウォンという二人の王に仕えた建国の功臣で院君の称号を得た人物にクク・ユのモデルとなる人物がいたのかどうかを探ってみました。

イニョプの悲劇は何故起こったのか?

この記事の所要時間: 358

イ・ソンゲの密命を受け、王朝転覆の謀反人としてイ・バンウォンによって命を落としたククユ。王父子と葛藤、高麗の残党マンウォルダンの暗躍の犠牲者となったクク・イニョプにどうして悲劇が訪れたのでしょうか?

「イニョプの道」太祖、イ・ソンゲを演じるイ・ドギョンとは

この記事の所要時間: 331

韓国ドラマ『イニョプの道』で太祖、イ・ソンゲを演じるのはドラマ界の重鎮イ・ドギョン。高麗王朝を倒し、朝鮮王朝を興した初代王ですが、息子の3代王イ・バンウォンと激しく対立。政権を巡る駆け引きの中『イニョプの道』でカギを握る人物の一人です。イ・ドギョンは重厚なカリスマ性を持つ名俳優で、イ・スンギとは二度の共演歴があります。

「イニョプの道」キム・チグォンを演じるキム・ガプスとは

この記事の所要時間: 325

「イニョプの道」でヒロイン、イニョプの元婚約者キム・ウンギの父キム・チグォンを演じるのは、俳優のキム・ガプス。このドラマで、チグウォンは表の顔は、朝鮮の戸曹判書(ホジョパンソ、財務大臣)ですが、実は裏の顔を持っていました。イニョプの父クク・ユが太祖イ・ソンゲから受けた密命に危険を感じた所からその素顔が明らかになります。

「イニョプの道」太宗、イ・バンウォンを演じるアン・ネサンとは

この記事の所要時間: 49

『イニョプの道』で太宗、イ・バンウォンを演じるのはアン・ネサン。
王位継承を巡り兄弟を暗殺し朝鮮王朝第3代王・太宗になります。オ・ジホ演じるムミョンの実の父親でもあります。
本作品はもちろん『太陽を抱く月』でも安定した優れた演技力の持ち主と高い評価を得る俳優です。

「イニョプの道」クク・ユを演じるチョン・ノミンとは

この記事の所要時間: 314

『イニョプの道』でチョン・ユミ演じるヒロイン、イニョプの父クク・ユを演じるのはチョン・ノミン。府院君の称号を与えられた建国の功臣ですが、濡れ衣を着せられ謀反人の汚名を着せられたまま悲運の最期を遂げます。本作品はもちろん『馬医』、『六龍が飛ぶ』でも安定した優れた演技力の持ち主と高い評価を得る俳優です。

「イニョプの道」ホ・ユノクを演じるイ・シアとは

この記事の所要時間: 34

『イニョプの道』で、ホ・ユノクを演じるのはイ・シア。イニョプの元親友で、イニョプが下女として仕えるホ・ウンチャムの娘です。幼い頃からイニョプの元婚約者キム・ウンギに恋心を抱いており、イニョプに対して嫉妬心を燃やしていた人物です。イ・シアは『シグナル』にも出演し今後の活躍が期待されている女優の一人です。

「イニョプの道」キム・ウンギを演じるキム・ドンウクとは

この記事の所要時間: 251

『イニョプの道』で、イニョプの元婚約者キム・ウンギを演じるのはキム・ドンウク。叶わない恋に執着心を燃やす演技は見物です。キム・ウンギは誠実で秀才、将来を嘱望された若者でしたが、イニョプの父の失脚で婚姻できなくなります。『コーヒープリンス1号店』でスターの仲間入りを果たしたキム・ドンウクの熱演が光ります。

[スポンサーリンク]

一夜にして両班の令嬢から下女の身分に転落してしまう主人公クク・イニョプチョン・ユミ)と謎の男ムミョンオ・ジホ)、イニョプの許婚(いいなずけ)のウンギキム・ドンウク)、イニョプのライバルユノクイ・シア)たち4人の恋と嫉妬をドラマの柱に、父の無実を晴らすために力強く生きていく主人公の姿を描きます。



RSS Feed Widget
サブコンテンツ

このページの先頭へ