News!

イニョプの道」が再放送開始!2017年4月22日(土) より! !

イニョプの道、第18話あらすじ

この記事の所要時間: 329

第18話のポイント

イニョプを襲った刺客の黒幕は、王のバンウォンでした!
イニョプを守る為、自ら犠牲となったサウォルの悲しい死。
その事を知ったムミョンは、ウンギが提案する「太祖イ・ソンゲを担いでバンウォンを取り除く取引」に乗ろうとしています・・・イニョプを守る為に、二人は本当に手を結ぶのでしょうか!?(視聴率4.00%)

[スポンサーリンク]



botan_flower

閉じ込められた部屋でウンギの言葉を思い出していたイニョプ

ウンギのある言葉に、今回の太祖イ・ソンゲ帰京には何か裏があると勘付きます。

そこで、部屋から脱出しイ・ソンゲに面会し、会わせたい人がいると告げます。

ムミョンとイ・ソンゲの対面

投獄されたムミョンの許を訪れたイ・ソンゲ、王の息子と言うムミョンがマンウォルダンの一味だった事を知り驚きます。

ムミョンは、太祖に「何故マンウォルダンと手を組むのか」尋ねますが、イ・ソンゲ「目的成就の後は、自分の家臣になる事を約束したからだ」と答えます。

ムミョンは、今はマンウォルダンの目的にはもはや同意できない事、そしてイニョプは、ムミョンがマンウォルダンに利用されていた事を説明するのでした。

心を動かされ始めた太祖の所へ、ウンギが現れ、宮殿に自由に出入りできる通行証を証拠に、「ムミョンバンウォンのスパイだ」と言うのです。

そして、バンウォンを嫌うイ・ソンゲウンギの言葉を信じてしまうのでした。

咸興宮からの脱出

為す術がないイニョプムミョン

牢の外へ連行される間際に、イニョプムミョンにこっそりと短剣を渡すのでした

その頃、バンウォンの放ったイニョプの刺客たちが動き出します。

一方、牢を抜け出したムミョンは、イニョプサウォルと共に脱出を図ろうとしていました。

その事に気付いたウンギは、後を追います。

[スポンサーリンク]

maids-article-640

サウォルの死

ウンギムミョンが激しく切り結ぶ間に、逃げるイニョプに今度は新たな刺客が!

サウォルが必死に刺客を押しとどめ、犠牲となってイニョプを逃がすのでした。

しかし、イニョプを最後まで守り続けたサウォルはこうして命を落としてしまいます。

サウォルの死を嘆き悲しむイニョプの側には、優しく見守るムミョンの姿がありました。

謎の刺客の正体

ウンチャムの屋敷へ戻ったイニョプムミョンウンチャムに咸興(ハムン)での出来事を話しますが、自分を襲った刺客の正体にウンチャムは心当たりがあると確信するのでした。

その頃、咸興でムミョンの確保に失敗したウンギは、イニョプ暗殺の刺客を放ったのが王バンウォンだと知り、ムミョンとの仲を裂こうと画策していました。

ムミョンウンギから刺客の黒幕はバンウォンだと知りショックを受けますが、ウンギは「イニョプを救いたければバンウォンを亡き者にするしかない」と続けます。

ムミョンが、刺客の黒幕が自分だと気付いた事を知ったバンウォンは、息子の刺すような視線を感じるのでした。

持ち掛けられた恐るべき取引

一方、チグォンの命令でチボクがイニョプを矢で襲います。

イニョプをまだバンウォンが狙っていると、ムミョンに思わせるための偽装工作だったのです。

イニョプは、「自分を襲ったのは王命を受けた刺客であった」事を知り、更に、ウンギムミョンが「イニョプを守る為に、バンウォンを捨て太祖イ・ソンゲを選ぶ取引をしている」のを目撃して衝撃を受けるのでした。

感想

s_korean_chogori

イニョプの妹みたいなサウォルが自分の命を賭けてイニョプを救い、命を落としてしまいます。

辛い時も嬉しい時もいつも一緒だったサウォルの死は、胸の締め付けられるようなシーンでした。

さて、イニョプを取り除こうとする父バンウォンの目的を知ったムミョンは彼女を守る為にウンギと手を結ぶのでしょうか!?

[スポンサーリンク]

関連記事

イニョプの道」が再放送開始!2017年4月22日(土) より! !
公式サイト



楽天市場総合ランキング
1位
3888円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
2980円(送料込)
毎月ずーっと送料無料・1000円OFF・楽天ポイントも貯まる。
レビュー平均:4.12
レビュー件数:60
LaraRepublic
3位
1599円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.62
レビュー件数:12823
爽快ドリンク専門店

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ