お知らせ(2018/9/7)

イニョプの道」が再放送開始!2018/09/14~テレビ東京にて

韓国ドラマ「イニョプの道」、第20話あらすじ

[スポンサーリンク]



この記事の所要時間: 36

第20話のポイント

ついに最終回を迎えた第20話・・・最高視聴率4.73%を記録したエピソードです。
数々の試練を乗り越えてイニョプが両班の身分を回復します。しかし、失った者もたくさんありました。サウォルウンギ・・・イニョプを命がけで守った大切な人たちでした。

-スポンサーリンク -

バンウォンの気持ちを知り、ムミョンの前から姿を消したイニョプ、ついにムミョンが彼女を探し出すのですが・・・

命を懸けて自分を守り重傷を負ったウンギを安全な場所へ連れて行くため、一緒に行かせてほしいというイニョプを黙って行かせるムミョン

そして、ウンギイニョプは、カヒの芸館へと向かうのでした。

その頃、バンウォンは牢獄のチグォンと最後の会話をしていました。

チグウォンは、別れの言葉を告げ、バンウォンは父に刃を向けたムミョンの記憶に一生怯える事になるだろうと言うのでした。

一方、王を裏切ったウンチャムは流罪に処せられることに。
そして、妻のユン氏と娘のユノクも追放され奴婢に落されることになったのです。

ウンギの悲しい最後

母と共に船着き場へと逃亡するウンギは官兵に追われますが、ムミョンによってその場を逃れます。

しかし、ウンギはもはや瀕死状態でした。

彼は、懐からクク・ユの名誉回復と家名再興を命ずるイ・ソンゲの教示を取り出しイニョプに渡した後、「来世では、別れることなく一緒にいよう」と言葉を残したままイニョプに抱かれて息を引き取ります。

政権争いに人生を翻弄された男の壮絶な最後でした。

チグウォンの哀れな死

牢獄のチグォンを訪ねたイニョプは、ウンギの最期を伝え、「自分の野心の成れの果てがこれだった、結果いったい何を得たのか?」「ウンギの高潔さと優しさを奪ったあなたは来世でもウンギの近くにいる資格はない」と感情をほとばしらせます。

-スポンサーリンク -

刑を受ける前に、チグォン邸の高麗霊廟に別れを告げたチグォンは自らの命を絶ち壮絶な最期を遂げる事に。

その後、ムミョンは父バンウォンに宮殿へ入るよう命じられますが、自分は遠くへ去りたいと願い出ます。

イニョプに訪れた平和

そしてイニョプは両班の地位を取り戻し家に戻っていました。

下女に転落し辛酸をなめた後、久々に訪れた平和でした。

そこへ、ムミョンが現れます。

これまでの事を語り合いながら静かな時間が流れていました。

しかし、王のバンウォンは息子のムミョンが王子として宮殿に入るのを拒んでいるのはイニョプを愛し一緒にいたいからだと心配していました。

バンウォンの気持ちを知ったイニョプは、ムミョンの前から去るべきかそれとも一緒にいるべきか悩んでたのです。

イニョプ失踪、そして再会

悩みぬいた挙句イニョプムミョンに手紙を残しムミョンの前から姿を消してしまうのでした。

ムミョンイニョプの行方を探して国中を回っています。

イニョプサウォルの墓参りをしていました。

そこへ現れたのはムミョンだったのです。

今は亡きサウォルの導きだったのでしょうか・・・

そして、じっと見つめ合うイニョプムミョンの姿がありました。

感想

今は亡きサウォルの導きで、遂に巡り合ったイニョプムミョン

ハッピーエンドを暗示するフィナーレですが、王子の地位を捨てて、ムミョンイニョプと一緒の人生を歩むのでしょうか?

イニョプを守る為、命をなげうったウンギの悲しい最後は本当に哀れで胸を打ちました。

一方、ユノクはかつてのイニョプと同様に下女に落され嘆き悲しんでいます。

胸がすっきりとすると同時に、親が犯した罪の為に犠牲になる当時の家族や女性達の哀れな境遇に同情を感じ得ません・・・

[スポンサーリンク]

関連記事

※ お知らせ …『トンイ』から『イ・サン』につながる朝鮮王朝の謎に迫る!

韓流時代劇「秘密の扉」

公式サイト



楽天市場総合ランキング
1位
1439円(送料込)
メール便送料無料 サプリ すっぽん スッポン 美容 黒酢 ダイエット 健康 国産すっぽんと鹿児島県福山町の老舗黒酢を使用!
レビュー平均:4.42
レビュー件数:328
サプリ専門SHOP シードコムス
2位
2170円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.56
レビュー件数:20578
爽快ドリンク専門店
3位
3218円(送料込)
とろけるサーモン、まろやかな塩気は塩麹漬けならでは
レビュー平均:4.1
レビュー件数:104
おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ