第12話 人医への道

第12話arrow_pinkグァンヒョンは、捕盗庁に捕えられてしまいます。

医者の資格がないのに人に鍼を打ち、人を殺そうとした罪で、グアンヒョンに『棒叩き30回の刑』が言い渡されることに。


スポンサーリンク


目次

『コ・ジュマンは今まで推薦制で実施されてきた医生選抜制度を試験制に変更して実力のみではなく、患者を思う心まで備えた人材を選抜しようとしている。

一方、馬医が人に鍼を打ったという罪で捕盗庁に連行されたグァンヒョン。
ジニョンは馬医のくせに医員がすべき治療をしたと、自責するグァンヒョンを見て心が痛くなってくる...』
引用:(馬医(MBC公式サイト)

棒叩き30回の刑

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

グアンヒョンの刑を知ったジニョンは、ミョンファンに助けてくれるよう必死に頼み込みます。
しかし、法律を犯したのだから助ける事はできないと拒否されてしまいます。

法律を犯したのですから仕方がないとは言え、実は、グアンヒョン逮捕の裏には邪悪な姦計があったのです・・・。

そして、棒叩きの刑が執行され、グァンヒョンは何回も気絶しながらもやっと解放されます。
ギベとチャボンに引き取られ家に帰りますが、息絶え絶えの状態でした。

ジニョンの必死の看病

チャボンの知らせで駆けつけた医女のインジュは意識のないグアンヒョンを治療します。

なんとか屋敷を抜け出したジニョンの懸命の看病でようやく一命を取り留めたグアンヒョン。
最初は両班の令嬢であるジニョンに看病させていることに負い目を感じでいたグァンヒョンですが、次第に心を許すようになって行きます。

ジニョンとグアンヒョンの信頼の絆がしっかりと繋がった瞬間でした。

嬉しい知らせ

グアンヒョンは、ようやく食事が摂れるまでに体力を回復していました。

その頃、昏睡状態が続いていた同僚の馬医、カン・ダルホの意識が戻ったとの知らせを聞いたグアンヒョンは涙を流して喜ぶのでした。

人医への道

一方、首医のコ・ジュマンは医生の選抜方法を改革しようとしていました。

不正のはびこる従来の推薦方式から、選抜試験方式へ変更し、真に優秀な人材を集めようと改革を進めていたのです。

ある日の事、すっかり体力を回復したグァンヒョンに、コ・ジュマンが話しかけます。

コ・ジュマンの助言

グアンヒョンの医師としての才能を認めたコ・ジュマンは「人を治療する人医にならないか?」と人医になることを勧めます。
迷うグァンヒョンでしたが「馬医が人医になってはいけないと定められてはいない」というジュマンの言葉に心を動かされ人医になる決心を固めます。

第12話の感想

人を助けるために馬医には禁じられた鍼治療を施した罪で厳しい罰を受けたグアンヒョン。
心の中で、何か釈然としないものを感じていたのでしょう。

コ・ジュマンに人医になる事を勧められたグアンヒョンは「馬医が人医になってはいけないと言う法律はない」との言葉に後押しされ医師の道を目指すのです。

自分の可能性を信じ、医師としての才能を開花させるチャンスが訪れたのでした。

グアンヒョンの才能を見抜いたコ・ジュマンとの二人三脚の始まりだったのです。
医生選抜試験に臨むグアンヒョンは試験突破ができるのでしょうか?

第13話では、ついに医師採用試験の受験を決意したグアンヒョンがジニョンに夢を告白。ジニョンの協力で猛勉強を始めたグアンヒョンはついに第一次試験の当日を迎えます。

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button