第16話 生き返った死者

第16話arrow_pink首を吊り自殺しようとした両班の妹は意識を失っていました。
咄嗟にグアンヒョンジニョンに教えてもらった方法で、出来る限りの応急処置を施します。

駆けつけたジニョンの協力もあって両班の妹は息を吹き返すことに。
患者の命を救えたグアンヒョンの素直な喜びは、もう医師の表情をしていたのが印象的です。


スポンサーリンク


目次

『ミョンファンはジニョンとソンハを婚姻をさせる時が来たと考えて二人の結婚を急ぐ。
しかし、ソンハはジニョンの心が重要だとし、もう少し待ってほしいと言う。

一方、インジュはギベを呼んでグァンヒョンの奴婢記録が偽りではないかと疑い、真実を話すよう要求するのだが...』
引用:(馬医(MBC公式サイト)

自殺事件

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

自殺を図り、グアンヒョンが助けた妹の名はソ・ウンソ、両班の名はソ・ドゥシクという名前でした。
ウンソは夫を失い、寡婦として兄の実家へ戻っていたのです。

ジニョンにも褒められ、ウンソの兄ドゥシクからも感謝されグァンヒョンは人を救えたことの喜びをかみしめることに。
安心したのもつかの間、再びウンソは自殺を図ります。

ウンソは夫を失い生きる気力を失っていました。

そんなウンソにグァンヒョンは、ある言葉を告げ彼女を慰めます。

ソ・ウンソを演じるチョ・ボア

ソ・ウンソは、グアンヒョンの敵となる左議政チョン・ソンジョの長男の嫁(寡婦)です。
ドラマが進むにつれ、グアンヒョンの味方となる頼りがいのある人物。
ウンソを演じるのは『チョ・ボア』、パッチリした大きな瞳が印象的な女優です。
2012年に『美男<イケメン>バンド 〜キミに届けるピュアビート』で話題を呼んだ新進女優。

ジニョンの縁談

そんな頃、ジニョンソンハの結婚話が浮上します。
驚くジニョンに、ソンハは昔から好きだったと告白し、ジニョンの気持ちが落ち着くまで待ち続けると宣言するのでした。

一方、インジュはグアンヒョンの出自についてギベに本当の事を教えて欲しいと尋ねていました。
その事を聞いたグアンヒョンは、インジュの不可解な行動に疑問を抱きます。

恵民署の医官採用試験も間近に迫り、グアンヒョンは問診の勉強を続けていました。

見立て違い

そんなグアンヒョンの元へ、一人の患者がやってきます。
グアンヒョンは問診で、患者の脳溢血の症状を見逃してしまうことに。
しかし、ユン・テジュはすぐに兆候に気づき治療を施しますが、すでに手遅れで、間もなく亡くなってしまいます。

自分に医員としての力が無いからだと嘆くグァンヒョンをジニョン「もっと勉強すればいい」と励まし彼を支えるのでした。

生き返った死者

しかし、グァンヒョンが医生となった事を妬ましく思った同僚がグァンヒョンを罠に掛け霊安室に閉じ込めてしまいます。
途方に暮れるグアンヒョンでしたが、その時、遺体の一つが動き、まだ脈がある事に気づくことに。

その遺体は、グアンヒョンの見立て違いで亡くなった脳溢血患者だったのです。

グアンヒョンは、患者を救う為に大いに悩むのですが・・・。

第16話の感想

ソ・ウンソが再び自殺を図った時、グアンヒョンが言った言葉が印象的です。

『自分は馬医出身だが、動物は命を救ってもらっても決して礼は言わないけれど、目が助けてくれて有難う、死にたくなかったと言う。
奥様は寡婦だと聞いたが、夫を失うだけでも十分不幸なのに、何故、夫の後を追うのか?生きる事は恥ではない。奥様の目は生きたいと言っているではないか。(ドラマのシーンより)』

そう語った時、ウンソの気持ちが動きます。

グアンヒョンが医学の知識や鍼の技術ばかりでなく、患者の心に寄り添っていく名医になって行く片鱗を覗かせるエピソードです。

スポンサーリンク

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話