第17話 医官採用試験

第17話arrow_pink霊安室で動いた遺体は仮死状態になっていた患者でした。

コ・ジュマンに、どんな治療を施したのかと聞かれたグアンヒョンは、『脳溢血治療のツボに鍼を打ち、体温が下がらない様、ある事をした』と答えます。


スポンサーリンク


目次

『グァンヒョンが遺体安置所で息があった患者を救うと、死人も生き返らせる鍼術を持っているという噂が広がる。
ミョンファンはこれを快く思わず、コジュマンを訪れ、医生が許諾なしに鍼を打ったと抗議するが、コジュマンはミョンファンが恐れているものは何かと問う。』
引用:(馬医(MBC公式サイト)

奇跡を起こしたグアンヒョン

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

死亡したはずの患者を生還させたグアンヒョン

グアンヒョンがとった体温低下防止策は、馬医時代に学んだもので、ここでも患者の命を救うのに役立ったのでした。

患者に適切な治療を施したグァンヒョンは「遺体を生き返らせた」と恵民署(ヘミンソ)中の話題となります。

長く霊安室に閉じ込められていたので試験が受けられなかったグァンヒョンですが、ソンハが教授を説得してくれたお蔭で再び試験を受ける権利を得ることができ喜ぶのでした。

ウンソの悩み

自殺を図って療養していたウンソは話ができる程度までに回復し、ジニョンに自分の体にについて相談することにしました。

ウンソが自殺を図ったのは夫に先立たれたことだけが原因ではありませんでした。
ウンソ自身の胸にできた腫瘍についても悩んでいたのです。

グァンヒョンに励まされた、というウンソの言葉を聞いてジニョンはグァンヒョンは患者の心も分かる医員になりつつあると感じます。

身分違い

医生として成長していくグァンヒョンを見てソンハは焦りを感じ、グァンヒョンに苦言を呈します。
恵民署でジニョンと普通に接するのは仕方がないが、外では身分の違いをわきまえて、両班の娘に対する接し方を忘れないよう念を押すのでした。

ソンハの言葉で、ジニョンとの身分さを改めて思い知らされたグアンヒョンでした。

医官採用試験への挑戦

元々、出世欲の薄いグァンヒョンでしたが、ジニョンとの距離を縮めるためにも医員になろうと改めて決心することに。

医官採用試験が始まります。

第一次試験は、医学書の暗誦で、グアンヒョンは何とか合格を果たします。

そして、第二次試験は臨床で一対一の対戦形式、それぞれが同じ患者を診断して正解を競うものでした。

何と相手はあの秀才のユン・テジュンで、更に驚くことに、グァンヒョンが診察するのは王族である顕宗(ヒョンジョン)だったのです。

勿論グァンヒョンはそのことを知る由もありませんでした。

第17話の感想

馬医時代の知識を生かし、再び人の命を救ったグアンヒョン。
天才的な鍼の技術とともに、普通の人医にはない『馬医の知識』を持つ点をコ・ジュマンは高く評価しています。

また、ウンソの治療で見せた『患者の心に寄り添う心』も優れた医者としての資質を示していました。

そんなグアンヒョンにもどうにもならないのが身分の違い・・・。
馬医である当時のグアンヒョンは奴婢出身(賤民)とされており、一方のジニョンは両班階級に属する女性でした。

恵民署の医官に合格すれば、位階制度上は官職を得る事になり(最下位の「参奉、従九品」?)、差別は多少は無くなると考えたのでしょう。

実際は、奴婢が医官(科挙の雑科合格者、医学取才採用者)試験を受ける事は不可能だったようです。
(当時の身分制度は、1.両班、2.中人、3.常人、4.賤民に大別されており、医官は両班に次ぐ中人階級からの出身者が多かったが、グアンヒョンは最下層の賤民階級に属しており、受験資格なし。)

出典:(A)李氏朝鮮の身分制度 - Wikipedia、(B)朝鮮王朝

コ・ジュマンの引き立てもあったのですが、やはりグアンヒョンはそれだけ秀でた人物だった事が推察されます。

スポンサーリンク

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話