第18話 波紋を呼ぶ診断結果

第18話arrow_pinkグアンヒョンテジュンの診察する患者役は、なんと顕宗(ヒョンジョン)でした。
思わぬ事態に、二人は恐縮し平伏します。

しかし、顕宗はグアンヒョンを鍼の名手として名前を憶えていました。
ところが、王様を診察することになり、グアンヒョンはひどく緊張することに。


スポンサーリンク


目次

『ユン・テジュとともに、医官取才臨床試験を受けることになったグァンヒョン。
コジュマンは焦るグァンヒョンに馬医の時の経験が良い役立つだろうと助言してくれる。

一方、ミョンファンは、グァンヒョンが試験を通過するかもしれないという考えに表情が強張るが、クォン・ソクチョルはこの仕事を自分に任せてほしいと言い...』
引用:(馬医(MBC公式サイト)

* 医官取才(ウィガンチュイジェ)=医官採用試験、医学取才(ウィハクチュイジェ)とも呼ぶ。

医官採用試験開始

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

王様を診察することになり、恐縮するグアンヒョン
しかし、ジニョン『王様でも自分達と同じ人間だと思えば良い』と励ますのでした。

顕宗は腹痛を訴えており、その原因を究明するのが今回の試験の内容です。

医生たちは、3日間患者を診察し診断書と処方箋を作り上げ、それを内医院の医官が診察した内容と照合して優劣を競うと言うものでした。

『王も自分たちと同じ人間』という考えに納得したグァンヒョンは王の食べる物や生活習慣を研究し原因究明に全力を尽くします。

そして、ある病気に考えが至るのでした。

コ・ジュマンの助言

しかし、そんなグァンヒョンを気に入らない教授やミョンファンの部下からのの妨害行為に遭い中々病名が特定できません。

なかなか診断書がまとまらず悩むグァンヒョンのもとにコ・ジュマンがやってきて「馬医としての知識と経験を生かせば良い」と助言してくれたことで問題は解決。

診断結果発表

無事に医生たちの診断書がまとまり、ついに発表の日を迎えます。
診断書発表の日、グアンヒョンの荷物から内医院の診療記録が見つかり、グアンヒョンはカンニングを疑われます。

しかし、これはグアンヒョンの試験合格を恐れた教授やミョンファン達の陰謀でした。

窮地に立ったグアンヒョンは無実を主張し、自分の診断書を提出する事で疑いを晴らします。
しかし、その診断書は意外なものだったのです。

波紋を呼ぶ診断結果

グアンヒョンは、自分の診断結果を発表し、顕宗の病状は胆嚢に石ができているというもので「牛や馬にできるものと一緒だ」と発言してしまいます。

グアンヒョン窮地に立つ

王の病気を家畜と一緒にするなど、言語道断とミョンファンは怒り、グァンヒョンはその場から追い出されてしまうことに。

その後、医官たちが集まりグアンヒョンの処分が議論されますが、グアンヒョンは自分が恵民署(ヘミンソ)から追い出されるかも知れないと耳にする事に・・・。

第18話の感想

王室への不敬罪となる発言をしたのは迂闊でした・・・。

『王様も自分たちと同じ人間』とのジニョンのアドバイスと『馬医の知識と経験を生かせ』と言うコ・ジュマンの助言で、自らの診断結果にたどり着いたグアンヒョン。

顕宗の病気は医学書には出ていないとの理由で白紙の診断書を提出し、「胆石」との見立てを説明するのですが、『家畜にも同じ病気がある』と表現したことで大騒ぎになってしまう事に。

それでも、懸命に一日も早い治療が必要と必死に懇願を続けますが、ついに試験会場を追い出されてしまうのでした。
常識や古い習慣に捕われる人達は、グアンヒョンの合理的な考えを理解できなかったのが残念です。

グアンヒョンの処分はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button