第20話 王の回復

第20話arrow_pinkコ・ジュマンが捕えられ、連行されようとしていた時、グアンヒョンが駆けつけます。

顕宗が回復しつつあるというグァンヒョンの報告を聞いた大妃は、とりあえず様子を見ようとジュマンを牢に入れることを取りやめます。
ミョンファンの陰謀があわや成功か、と思われた時でした・・・。


スポンサーリンク


目次

グァンヒョンは顕宗が治癒されていると主張し、コジュマンが引き続き治療することができるよう大妃に懇願する。
一方、コジュマンだけが顕宗の治療をするのを見てばかり見られないミョンファンンは、コ・ジュマンが治療をできないよう手を打つのだが...
引用:(馬医(MBC公式サイト)

病状回復の兆し

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

グアンヒョンは、王の病状回復の兆候が明らかでありコ・ジュマンの治療を継続すべきと主張します。
しかし、ミョンファンは真っ向から反対。

大妃はどちらの意見を取るべきか迷っていました。

意識を回復した顕宗

グァンヒョンの治療を信じるべきだと訴える淑徽の言葉を無視し、ミョンファンの主張を受け入れようとした瞬間に顕宗の意識が戻ったという報告が届けられます。

治療継続の許可

顕宗の病状が回復しているのは明らかで、グァンヒョンジュマンは引き続き治療することを許されるのでした。
治療が進む中、顕宗はグアンヒョンに自分の偏見で診断を受け入れなかったことを詫びます。

『グァンヒョンに負けた』と悔しがるミョンファンに、ジュマンは「権力ばかりを追い過ぎだ」と忠告しますがミョンファンが受け入れる様子はありません。

ミョンファンの姦計

ミョンファンは、反省するどころか勝つためにジュマンに痺れ薬を盛り、顕宗の治療をできないようにしてしまいます。

治療に現れないコ・ジュマンの代わりにミョンファンが鍼を打とうとした時、コジュマンが姿を現すことに。

痺れて動けないジュマンは自分に鍼を打つようにグァンヒョンに指示。
グァンヒョンの鍼の腕とジュマンの的確な指示により、痺れが一時的に和らいだのです。

そして、コジュマンはさっそく顕宗の治療を始めるのですが・・・。

第20話の感想

グアンヒョンの馬医としての知識と経験が正しかったことが証明されたエピソードです。
ミョンファンの妨害工作にハラハラさせられますが、見事に顕宗の治療を成し遂げたグアンヒョンたちの姿は痛快でした。

また、グアンヒョンの周囲の味方達が必死になってグアンヒョンの危機を救おうとする様子も頼もしいものがあります。

ミョンファンは敗れはしたものの、再び陰謀を働くようです・・・ミョンファンの権力に対する執念と復讐心は止まるところがありません。

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button