第23話 初めての外科手術

第23話arrow_pinkグアンヒョンは、両班の未亡人と密会しようとした大罪を犯したとして、義禁府(ウィグムブ)へと護送されます。
最初は捕盗庁に捕えられたグアンヒョンでしたが、朝鮮王朝の根本に関わる身分制度を冒とくし「奴婢階級の男が両班の妻と密会」した、「網常罪」に問われたからでした。(前記事参照



スポンサーリンク


目次

引用:「両班(ヤンバン)の家の娘を弄んだという罪で義禁府に連行されるグァンヒョン。自分の治療を受けなかったと言うソ・ウンソの証言で尋問を避けられなくなる。一方、ジニョンが出ていく事が心配なソンハは、グァンヒョンとジニョンの間に変な噂が広がっているので今回のことに構うなと言う。」:(馬医(MBC公式サイト)

偽証

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

ウンソグアンヒョンの治療を受けたことはなく、一方的に脅かされただけだ」と証言しているとの報告を受け、グアンヒョンは、ついに義禁府での過酷な尋問を余儀なくされることに。

しかし、この証言は、家門の名誉を傷つけまいとするチョン・ソンジョ(左議政)がミョンファンの入れ知恵でついた偽証だったのです。

グアンヒョンに迫る危機

そんなグァンヒョンを発見した淑徽(スクフィ)はこのままではグァンヒョンが危ない、どうにかしなければ...と彼の身を心配します。

同じくジニョンもグァンヒョンを心配しており、事の真偽を確かめるためにウンソに会いに行こうとしますがソンハに止められてしまいます。
グァンヒョンを気にするジニョンに苛立ち、深入りするなと忠告するソンハでしたがジニョンはグァンヒョンへの思いを隠そうとはしません。

ウンソの苦悩

一方、ウンソグァンヒョンの心配をするあまり体調を崩し寝込んでいました。
今回の策略についてウンソは一切知らず、知らなかったとはいえ命の恩人であるグァンヒョンを無実の罪に追いやってしまったことを非常に後悔していました。
兄であるドゥシクにグァンヒョンを助けてくれと懇願します。

ウンソの気持ちを聞いたトゥシクは本当はグァンヒョンは無実だったと「義禁府(ウィグムブ)」へ報告。
無事にグァンヒョンは解放されたのでした。

初めての外科手術

ほっとしたのもつかの間、ウンソが乳房に抱えていたしこりが悪性だと判明しすぐに手術をしなければいけない状況になってしまいました。

治腫庁で外科手術を行うと言う噂が広がり、周囲は猛反対しますが、コ・ジュマンは人命第一の観点から、手術を決断します。

コ・ジュマンは、グァンヒョンに執刀を命じるのですが・・・。

第23話の感想

ミョンファンの陰謀は、ウンソの必死の思いを受けた兄のドゥシクの証言で潰えます。
家門の名誉をなにより大切にする両班にとって、画期的な事でした。

なにより、グアンヒョンの人の命を救おうとする真剣な思いが周囲の人たちに伝わった結果だと思います。

さて、初めての人間の外科手術に臨むグアンヒョン、果たして成功するのでしょうか!?

トピックス
捕盗庁と義禁府

捕盗庁(ポドチョン)は、朝鮮王朝の王都(漢城)及び首都圏を担当する部署(日本でいうなら警視庁)。
一方、義禁府(ウイグムブ)は王の直属機関で、王族・政治犯・大逆罪・綱常罪など重罪を担当していました。
(参考・・・『捕盗庁(ポドチョン)』とは?

「捕盗庁」
出典:捕盗庁~Wikipedia

「義禁府」
出典:義禁府~Wikipedia

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button