第28話 恩師の最期

第28話arrow_pink顕宗(ヒョンジョン)の目の前で倒れたコ・ジュマン

治腫庁へ運ばれたジュマンは、インジュに「何としてもグアンヒョンを守って欲しい」と最期の言葉を残し意識を失ってしまいます。


スポンサーリンク


目次

引用:コ・ジュマンは最後までインジュにグァンヒョンを守ってくれと遺言をして、目を閉じる。
一方、グァンヒョンとインジュはコ・ジュマンが死んだことに対する責任で義禁府に連行される。
ミョンファンはインジュにグァンヒョンを助ける代わりに、グァンヒョンがドジュンの後継者ということを証明する文書と印章を差し出せいうのだが...(馬医(MBC公式サイト)

コ・ジュマンの死

グアンヒョンが治腫庁に駆けつけた時には、すでにジュマンはこの世を去ってしまいました。
またしても、ミョンファンの野望の犠牲者が命を失ってしまいます。

ジュマンの死は、自分のせいだと激しく自分を責めるグアンヒョンに、インジュは「グアンヒョンあての遺書」を渡します。

顕宗の怒り

生前、ジュマンは顕宗(ヒョンジョン)に「グァンヒョンに罪を背負わせないでほしい」と頼みましたが、顕宗はどうしてもグァンヒョンを許すことができません。

ジュマンの葬儀が終わった後、顕宗はすぐにグァンヒョンとインジュを捕らえ「本当に手術は成功していたのか」とミョンファンに尋ねます。

ミョンファンの詭弁

ミョンファンは即答を避け、どうすればグァンヒョンとジニョンを助け出すことができるか考え始めていました。
しかし、この時、ミョンファンはある計略を心に秘めていたのです。

捕えられたインジュを訪ねたミョンファンは、「グアンヒョンの命を救いたいなら、出生証明と印章を引き渡せ」と迫るのですが・・・

グアンヒョンの脱走

ミョンファンは顕宗に「治療そのものに過失はなかった」と証言し、そのせいでグアンヒョンは死刑を免れます。

それからしばらくして、グァンヒョンは罰として咸鏡道(ハムギョンド)の水軍での過酷な労働を強いられることが決定しました。
護送されている時が脱出の最大のチャンスです。
ジニョンは淑徽(スクフィ)にもグァンヒョンの脱出を手助けするように頼み、グァンヒョンは兵達を騙し脱出することに成功。

ミョンファンの罠

おそらく一生の別れになるだろう・・・と淑徽(スクフィ)に感謝と別れの言葉を告げたグァンヒョンは無事に都城を脱出します。
グァンヒョンが脱出した後に乗る船を手配していたのはミョンファンでしたが、やはりそれも策略でした。

グァンヒョンを確実に殺す為、嘘の脱出場所を教え配下の刺客を配置していたのです。

第28話の感想

どこまでも卑劣な手を使うミョンファンには怒りを覚えます。

「グアンヒョンの命を助けたければ、自分の命令に従え」とインジュ、ソンハ、ジニョン達を脅迫し、たらしこむのでした。
そして、グアンヒョン達をうまく騙し、逃亡させてグアンヒョンの命を奪おうと姦計を巡らすのです。

刺客に襲われたグアンヒョンの運命はどうなってしまうのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button