第31話 皇妃の病気の正体

第31話arrow_pink清国皇帝の皇妃が倒れ、様々な国から腕のいい医師達が清に集められます。

「朝鮮に戻れるなら戻りたい」というグァンヒョンに対して舍巖(サアム)は皇妃の治療をすることを勧めます。


スポンサーリンク


目次

引用:朝鮮医療団の責任者として清国に到着したイ・ミョンファン。皇帝の愛妾ウヒを直接確認し、その病状に大きく驚く。
一方、朝鮮に帰りたくても戻れないグァンヒョン。舍巖は朝鮮に帰る唯一の方法だとし、皇帝の愛妾ウヒを治療する事に志願するよう言うが...via:(馬医(MBC公式サイト)

朝鮮医療団の到着

ミョンファンは、朝鮮から医師団を率いて清国に到着します。
医師団の中には、医女として随行したジニョン、インジュ、そしてソンハ達の姿もありました。

早速、皇妃の診断を行ったミョンファンは、その症状に驚きを隠せませんでした。

グァンヒョン、皇妃の治療に挑む

皇妃の治療ができる医師を募集する触書きが町中に貼りだされます。

舍巖から、「もし治療が成功すれば朝鮮に戻る為の勅書が貰えるだろう」という言葉を聞いたグァンヒョンは皇妃の病状を見に行くことを決心、グァンヒョン一行は一路北京へ・・・。

病気の正体

皇妃と言う高貴な身分の女性を治療するため、まず「代理治療」が行われる事になり、同じ症状を示す病人達が集められます。
そして、治療に効果を上げた医師が皇妃の治療にあたることができるという訳です。

代理治療の病人を診て、その病状を見たグァンヒョンは驚愕します。
なんと、その症状はジュマンを死に追いやったあの附骨疽(プゴルチョ)だったのです!

心臓にまで腫瘍ができており治療するのは難しい状態でしたが、姉弟子のカヨンと一緒に治療法を探すことにします

北京の街で

グァンヒョンカヨンが街に出ていた頃、ジニョンソンハも皇妃の治療法を探しに街に出ていました。
グァンヒョンに似た男をを見かけ「グァンヒョンは生きている」と言うジニョンに対してソンハはもう諦めるように説得します。

しかし、ジニョンはグァンヒョンの生存を今でも信じていました。

グァンヒョンの決断

グァンヒョンは附骨疽(プゴルチョ)の患者の治療には、薬の投与では効果が無いと考え、外科手術しか患者を救う方法はないと判断します。

グァンヒョンは、患者を手術しようとしますが、ジュマンの事を思い出し、中々決断が下せませんでした。

その時、舍巖やカヨンに「このままでは患者は助からない」と言われ、手術することを決心。
無事に手術は成功することに。

第31話の感想

皇妃の病が、師コ・ジュマンの命を奪った附骨疽だと知ったグァンヒョンは、代理患者の手術を躊躇していました。
それは、ジュマンを死に追いやったのは自分の失敗のせいだと自分を責め続けていたからです。

しかし、「自分で壁を乗り越えない限り、医師として成長する事はできず、朝鮮へ戻れるチャンスも来ない」との舍巖の叱咤と患者の重篤な症状を思い知ったグァンヒョンは、ついに手術を決心します。

ここでも、危険を顧みず命を救いたいというグァンヒョンの医師としての強い思いを感じる事ができます。

スポンサーリンク

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話