第33話 いざ朝鮮へ

第33話arrow_pinkグァンヒョンが連れてこられたのは清の宮廷(紫禁城)でした。
目の前に現れた皇帝は、グァンヒョンが、皇妃の代理治療で附骨疽の切除に成功した事を聞き、呼び寄せたのでした。


スポンサーリンク


目次

引用:清国から帰国したジニョン、チャン・インジュ、シン・ビョンハ。3人は恵民署を辞めて利潤を残さない私設薬局を開く事にする。
清国皇帝の前に連行されたグァンヒョン。皇帝は城外で民の附骨疽(ブゴルジョ)を直した医員かと言って冷たく眺めるが...
via:(馬医(MBC公式サイト)

皇妃の病の正体

グァンヒョンが診察した結果、皇妃は附骨疽(プゴルチョ)だけではなく別の病気も併発していました。

その為、ミョンファンが行った投薬治療では病状が回復しなかったのです。
病気の原因が分かったと言うグァンヒョンは5日だけ自分に任せてくれと他の者を部屋から追い出します。

治療拒否

グァンヒョンは皇妃と二人きりになった時、病気の治療法について話し始めますが、皇妃は体が傷付く外科的治療を拒み「手術を受けるぐらいなら死ぬ」と言いだしました。

皇帝に気にいられる為に綺麗な体でいたいと言う皇妃に、グァンヒョンは「病気の原因は貴女が飲み続けている薬にある」と指摘します。

受け入れられた真心

薬を飲んでいることを知られた皇妃は驚きますが、グァンヒョンが他の者を部屋から追い出した理由が自分の為だと分かり手術を承諾することにしました。

最初は体を切って手術しようとしたグァンヒョンでしたが皇妃の皇帝への愛を慮り、患部だけに穴をあける投薬治療に切り替えました。

朝鮮への帰国

皇妃の治療は見事に成功をおさめ、皇妃の病気快癒を祝って宴が催されます。

その後、皇妃は無事に回復し、その褒美としてグァンヒョンが朝鮮に帰れるよう手配してくれるのでした。

私設診療所の開設

グァンヒョンが朝鮮に帰ろうとしている頃、ジニョン達は、薬契(ヤッケ、薬販売の秘密結社)の活動に力を入れ、貧しい民衆を助けようと頑張っていました。

そして、屋敷の一部を改造して無料の私設診療所を開設し、もはや恵民署で治療を受ける事すらできなくなった貧しい人達の病気を治療を始めようとします。

しかし、ジニョンの行動を良しと思わないミョンファンは苦々しい顔をして彼女を見つめていたのです。

第32話の感想

患者の心に寄り添う姿勢を崩さず、見事に皇妃の治療を成功させたグァンヒョン。
医者としての深い思いやりが、皇妃の心を動かしたのでした。

グァンヒョンは、ついに朝鮮へ帰れる事になります!
愛するジニョンの住む懐かしい朝鮮・・・思いは早くも朝鮮に届いているのでしょうか。

一方、貧しい人達の為の私設診療所を開設したジニョン。
医療を金もうけの為に私(わたくし)するミョンファンへの反抗を強めて行くのですが・・・

ついに、朝鮮の地に立ったグァンヒョン、この先どんな未来が待ち受けているのでしょうか・・・

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button