第37話 グアンヒョンの復帰

第37話arrow_pink死んだはずのグアンヒョンが宴会場に姿をあらわし、出席していた人々は驚きます。
そして、清の使いの者が持っていた勅書はグァンヒョンの罪をなくすようにと書かれていたのです。


スポンサーリンク


目次

引用:宴会場に登場したグァンヒョンを見て驚く恵民署の人たち。顕宗は清国皇帝の勅書を持って帰ってきたグァンヒョンに対する処分に悩む。
一方、お互いを思いながら探し続けるが、すれ違い続けるグァンヒョンとジニョン。二人は・・・ついに広通橋(クァントンギョ)にたどり着く。-via:(馬医(MBC公式サイト)

清国皇帝の勅書

チョ・スンウ「馬医」OST CD(日本版)

価格:3,600円
(2014/11/10 16:25時点)

皇帝の勅書を携えてきた清国の使節団の団長は皇妃の兄でした
彼は、グアンヒョンが朝鮮で罪を犯したのは承知しているが、皇妃を始め、清国で多くの民の命を救ったことを語り、何とか罪を許してやってほしいと訴えます。

皇妃や多くの民の命を救ってきた功績がついに皇帝に認められたのです。
しかし、皇帝の勅使とはいえ、無罪になるのは難しいとグァンヒョンは知っていました。

許された罪

皇帝の勅書の扱いに困り果てた顕宗(ヒョンジョン)は、グアンヒョンに問いかけます。

「自分が罪人であることを知っていながら何故ここに戻ってきたのか」と尋ねる顕宗に、「コ・ジュマンの遺志を継ぐ為です」とグァンヒョンは答えます。

罪に服す覚悟で帰国を決めたグアンヒョンの、その真っすぐな気持ちに心を打たれた顕宗はグァンヒョンの罪を許し、さらに医官の官職を授けたのでした。

すれ違い

グァンヒョンの罪も許され、晴れて自由の身になったグアンヒョンは懐かしいジニョンに一刻も早く会いたいと探し回ります。
一方、迷っていたジニョンも淑徽王女に背中を押され、グアンヒョンを探し回りますが、こちらも中々会えません。

すれ違いを続ける二人は途方に暮れ、あの懐かしい場所へたどり着くのでした。

広通橋(クァントンギョ)の橋の上で

ついにグァンヒョンジニョンと再会することができました。

また会えると信じていた二人は抱き合い、お互いの無事を確かめ合うのです。

その後、グァンヒョンは、ミョンファンを訪ね「奪われたものを取り戻し、あなたを破滅に追い込む」と改めて宣戦布告をすることに。

参考:「 広通橋で待つ」-Amazon.co.jp: 馬医 オリジナル・サウンドトラック: 音楽

恵民署への復帰

その後、グァンヒョンは再び恵民署(ヘミンソ)で働くことになり、淑徽(スクフィ)とも再会。
淑徽(スクフィ)もグァンヒョンと再会できたことを喜び、医員用の服をプレゼントしてくれました。

平穏な日常が戻ってくるかと思いきや、再び巷で悪性の腫瘍ができる病気が流行り始めます。
グアンヒョンは治療法について舍巖道人に相談しますが、戦乱で焼けてしまった幻の医術書『治腫指南(ちしゅしなん、チジョンジナン)』の存在を知るのでした。

ある日の事、治療方法を街で探していたジニョンは外科術の道具を持った怪しい男と出会いますが…。

トピックス-治腫指南

ya09_00050_p0001「治腫指南(ちしゅしなん、チジョンジナン)」は、朝鮮王朝の明宗(ミョンジョン)時代(1545年~1567年)に任彦国によって編纂されたと言う古典医学書。外科手術についての詳しい説明が書かれているとのことです。

photo by 治腫指南. 巻之1-2 / [任彦国] [撰]

ちょっと脱線しますが、明宗は幼名、慶源大君(キョンウォンデグン)。
ドラマ『チャングムの誓い』第51話で天然痘に感染し、チャングムが見事治療に成功する王様です。
チャングムの誓い、第51話

引用:「「治腫指南」は早稲田大学の古典籍総合データベースで見ることができる。」-韓流ドラマ「馬医」の鍼灸治療について(2/X) - 鍼灸鷄肋ブログ
引用:「治腫指南」-archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ya09/ya09_00050/ya09_00050.html
早稲田大学-古典籍総合データベース

第37話の感想

清国での皇妃の治療を始めとするグアンヒョンの功績が評価され、皇帝はグアンヒョンの罪を許すよう勅書をしたためたのでした。

いくらなんでも、罪人を簡単に許すことなどできないと悩む顕宗も、グアンヒョンの「コ・ジュマンの遺志を継ぎ、貧しい人達の為に治腫庁を復活させ、もっと多くの人々を救いたい」という熱意に感動し、罪を許すことに。

このくだりは、グアンヒョンが生涯貫いたと言う『医道』の根本をなすもので、王の心さえ動かす迫力のあるものだったのでしょう。

しかし、全てが元通りに動き出したと思った矢先、再びグアンヒョンに暗雲が立ち込めていく事に・・・

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button