第39話 世子の容体急変

第39話arrow_pink ヒョンウクが予言した通り、世子(セジャ)の出血が止まりません。
グァンヒョンは、何とか出血を止めようとあらゆる手を使いますが、どれも効果がなくまさに絶体絶命の状態です。


スポンサーリンク


目次

引用:グァンヒョンは世子の止血のためにすべての薬剤を試すが、血は止まらない。チェ・ヒョンウクは世子の出血を防げないと言い切る。
一方、チェ・ヒョンウクが遺体にメスを入れたと直感した舍巖は彼がいる所へ訪ねて行くのだが...
-via:(馬医(MBC公式サイト)

グアンヒョン渾身の止血術

そこでグァンヒョンは最後の手段として、鍼による止血を決断することに。
舍巖(サアム)が編み出した独自の「舍巖針法(サアムチムボプ)」を試すことにしたのです。

しかし、舍巖針法はインジュでも成功するかどうか、という高度な鍼術でした。

渾身の力を込めてグァンヒョンは鍼を打ち終えますが、まだ腫瘍による熱が下がらないグアンヒョンは、そのまま気絶してしまいます。

ヒョンウクの正体

その頃、昔の弟子であるヒョンウクが朝鮮にいる事を知った舍巖(サアム)は彼に会いに行きます。
ヒョンウクは舍巖(サアム)を逆恨みしており、現在の弟子であるグァンヒョンが気に入らないのです。

ヒョンウクは優れた技術を持った弟子だったのですが、技術の習得ばかりにこだわり、患者を顧みるどころか生体解剖にまで手をだし破門された過去を持っていました。

そして、「自分が持っている治腫指南(チジョンジナン)を読まない限り、世子への手術は成功しない」と言い残しその場を立ち去ります。

グアンヒョン、万事休す

しばらくして、グァンヒョンの意識も左腕も回復しましたが、今度は世子(セジャ)の容態が急変します。
どんな治療をしても不完全だと分かっているグァンヒョンには対応策が見つからずどうしようもできません。

それを見たヒョンウクは再びミョンファンに会いに行き、「自分なら治療ができるから大妃に推薦してほしい」と言いますが…。

ミョンファンの提言を受け入れた大妃は顕宗の元を訪れ説得を始めます。

第39話の感想

チェ・ヒョンイクは生体解剖にまで手を出し、舍巖道人に破門された危険極まりない医師でした。

一方、世子の止血には成功したものの、一向に容体が良くならない世子の為に術後の後遺症を予防する消毒法を駆使するグアンヒョンですが、決定打が見つかりません。

そうこうする内、世子の容体が急変、後遺症の兆しが現れます。

対応策が見つからずグアンヒョンが途方に暮れていた頃、ヒョンイクが悪巧みを思いつくのでした。
首医の座が危ないミョンファンに取り入り、自分を世子の治療医に推薦するよう迫ります

危機に立たされたグアンヒョン、次回はどんな展開が待っているのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button