第40話 世子を救う

第40話arrow_pinkグアンヒョンは、世子の走黄(敗血症)を阻止するために編み出した投薬をするかどうか迷っていました。
薬剤の中には毒性の強いものが含まれているので躊躇していたのです。


スポンサーリンク


目次

ヒョンウクの驚き

そんな時、世子の治療に当たっていたグァンヒョンの元にミョンファンヒョンウクがやってきます。
そして、ヒョンウクは、世子の病を治せるのは自分だけだと言い張ります。

治腫指南(チジョンジナン)を読んでいないのだから治療法が分からないだろうと思っているヒョンウク。
しかし、グァンヒョンは自力で治療法を探し当てていました。

千金漏蘆湯(チョングムヌロタン)

「処方を言え」と迫るヒョンウク「千金漏蘆湯(チョングムヌロタン)」を使うと言うグアンヒョン
さらに、最後のカギとなる薬剤に「ある物を灰にしたもの」を使うと続けます。

グアンヒョンは、ヒョンウクの処方した薬の成分を見事に言い当てたのでした。

まさか、治療に必要な千金漏蘆湯(チョングムヌロタン)を加工する方法まで言い当てるとは思ってもおらず、グァンヒョンの才能に驚きを隠せません。

その場を引き下がらざるを得なくなったヒョンウクはグアンヒョンに敵愾心を燃やすのでした。

世子の病状回復

金漏蘆湯を持っていないグァンヒョンは、その場に現れた顕宗に、「ヒョンウクが作っていた薬を使いたい」と申し出て世子(セジャ)を救うことに成功します。

この成功のお蔭で恵民署(ヘミンソ)にもまた患者がくるようになりました。

淑徽王女の罹患

一方、グァンヒョンとジニョンの仲を取り持とうとしている淑徽(スクフィ)はジニョンの婚礼服を買おうと街に出かけていました。

すると道端で病にかかって倒れている人を発見。
このまま放っておけないと恵民署(ヘミンソ)へ連れて行きますが、その助けた病人は天然痘にかかっていました。

感染力が非常に強く、この時代の朝鮮でも不治の病と恐れられていた病気です。
淑徽(スクフィ)が感染していないか心配になったグァンヒョンは部屋にいる彼女の様子を見に行きますが...。

第40話の感想

世子へ投薬する薬剤の中に毒性の強いものが混じっていることを気にしていたグアンヒョンは、それを灰にして粉にすることで同じ効能を得られることに気が付いていました。

やはりグアンヒョンは天才でした!

治腫指南を読まなければ処方薬がわからないと、たかをくくっていたヒョンウクはグアンヒョンの知識と才能に驚愕、逆にグアンヒョンを倒そうと躍起になってきます。

苦渋を飲まされたヒョンウクはミョンファンと手を組み、このあと邪悪な企みを繰り出してくるのですが、グアンヒョンはどう対抗していくのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button