第41話 危険な治療

第41話arrow_pink痘瘡(天然痘)の患者に触れてしまった淑徽(スクフィ)も病気に感染してしまいます。
自分の婚礼服を探していたせいで感染したんだとジニョンは落ち込み、大妃はグァンヒョンが原因だと我を忘れて怒鳴り散らすのでした。


スポンサーリンク


目次

引用:痘瘡にかかった患者を救って天然痘にかかってばかりスクフィ王女。この事実に顕宗はもちろん、大臣たちもショックを受ける。
一方、回復が不可能な病人を放棄せよというチェ・ヒョンウク。最後まで病人を諦めないグァンヒョンを皮肉るのだが...via:(馬医(MBC公式サイト)

淑徽(スクフィ)王女の危篤

淑徽王女の治療に、内医院を始め恵民署の医官達が頭を悩ませますが、痘瘡の特効薬はなく途方に暮れていました。

また、恵民署にも痘瘡患者が押し寄せ緊急事態に発展します。

そんな中、舍巖が恵民署で容体が回復している患者に気付く事に。
その患者には、初期段階で解熱剤が投与され、熱が下がった所で痘瘡の治療薬が用いられている事がわかります。

淑徽(スクフィ)王女、危篤状態に

早速、淑徽にも同じ方法を試す事に。

しかし、解熱剤を投与しても淑徽(スクフィ)の体調は回復せず、ついには水も口にすることができなくなってしまいました。

淑徽の喉に腫れ物ができ、呼吸さえ苦しくなっていたのです。
喉の切開は不可能だと思われていた為、万事休すの状態でした。

ヒョンウクの危険な提案

そんな淑徽(スクフィ)を見てヒョンウク「有効な外科術を知っているから自分に執刀させろ」とミョンファンに話に行きます。戸惑うミョンファンですが、ヒョンウクに上手く丸めこまれた、ミョンファンは顕宗にそのことを提案。
ついに顕宗は、妹の命を救いたい一心で、ヒョンウクの執刀を許可する事に・・・

グァンヒョンがヒョンウクに「どんな手術法を用いるのか」と尋ねると、「治腫指南(チジョンジナン)」を取りだし、「ここに書いてある方法を使う」と答えます。

しかし、その手術法で手術するのは淑徽(スクフィ)が初めてだと答えたヒョンウク。
それを聞いたグァンヒョンは激怒し手術に反対しますが、ヒョンウクは無視しそのまま手術に向かってしまいます。

ヒョンウクの狂気

その頃、淑徽(スクフィ)の容態の変化がおかしいと感じていたカヨンは淑徽(スクフィ)の体を調べていました。
すると、彼女の指先に何か液体が付いているのを発見・・・それは病状を悪化させる麝香(ジャコウ)と呼ばれる劇薬でした。

ヒョンウクの仕業ではないかと疑ったグァンヒョンとガヨンはすぐに手術を止めさせようとヒョンウクのいる手術室に向かいます。

第41話の感想

香料として使われる麝香(ジャコウ)が、劇薬にもなるという事を初めて知りました・・・

さて、淑徽王女の喉の切開手術を治腫指南に書いてある方法で執刀するが、「人体で試すのは初めてだ」と事もなげに語るヒョンウクのマッド・ドクターぶりには驚きます。

しかも、喉の切開手術ができるよう、わざわざ症状を悪化させる悪だくみまで平気でやってのける等、狂気以外の何物でもありません。

患者を救うどころか、人体実験の道具くらいにしか考えていないヒョンウクに怒り心頭に達するグァンヒョンの態度は当然です。

さて、グァンヒョンは、このままヒョンウクに執刀させるのか、それとも・・・

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button