第42話 驚くべ治療法

第42話馬医 第42話のあらすじグァンヒョンが駆け込んだ時、ヒョンウクの手術はまさに今始まろうとしていた所でした。
「前にも同じ手術をやったことがあるから自分がやる」、とグァンヒョンはヒョンウクを手術室から追い出します。


スポンサーリンク


目次

引用:チェ・ヒョンウクのスクフィ王女施術を封じ込めたグァンヒョン。グァンヒョンは馬鍼でスクフィ王女を救おうとするが、顕宗は、王室を愚弄することだと激怒する。イ・ミョンファンがチェ・ヒョンウクとともにジャコウをスクフィ王女に用いたという事実を知ったグァンヒョン。イ・ミョンファンを訪れ、すべての罪を明らかにすると警告するのだが...via:(馬医(MBC公式サイト)

グァンヒョンの驚くべき治療法

グァンヒョンは、ヒョンウクが淑徽王女の切開手術を執刀する直前、顕宗(ヒョンジョン)に、「ヒョンウクが淑徽王女の病状を故意に悪化させた事」、そして「喉の切開手術がどんなに危険か」を説明。
かわりに鍼を使って喉にたまった血を取り除く方法を提案します。

この方法なら前にもやって成功していると訴えるのでした。

しかし、同じ手術をやったことがあると言っても人間ではなく、馬相手だったので、それを聞いた顕宗は「獣にする治療を妹にするのか!」と激怒し、グァンヒョンを追い出してしまいます。

グァンヒョンは、処罰覚悟で必死になって、自分に手術を許し、王女の命を救わせて欲しいと訴え続けます。
そんなグァンヒョンの姿を見たオ・ギュテは自分の足を治療したグァンヒョンの勇気を評価し、顕宗に進言することに。

許された手術

オ・ギュテからの進言を聞いた顕宗は、ついにグァンヒョンに全て任せることを決意、手術を許可するのでした。

長い時間に及ぶ大手術でしたが無事成功し、淑徽(スクフィ)の容態は回復に向かっていました。
手術は成功しましたが、ミョンファンが裏から手を回しグァンヒョンを罷免しようとします。

馬にする手術を王族である淑徽(スクフィ)にしたのは罪だと、大妃が絶食をしてまで訴えたからです。

グァンヒョンの罷免

顕宗(ヒョンジョン)は最初、グァンヒョンを罷免することに反対していましたがグァンヒョン本人からの要望を受け罷免を許可することにしました。

グァンヒョンには、「ある狙い」がありました。
医官のままでは差し障りのある密かな行動をしようとしていたのです。

その頃、ミョンファン配下のジョンチョルが麝香(ジャコウ)を手配するようにミョンファンに頼まれたとインジュに暴露していました。
それを聞いたインジュはジョンチョルを使い、ミョンファンの監視を開始します。

一方、父の悪行と自分の正義の間で揺れ動くソンハは、突然グァンヒョンからの呼び出しを受ける事に・・・

第42話の感想

またもや馬医時代の経験を生かし淑徽王女の命を救ったグァンヒョンでしたが、周囲の非難を一身に受ける事になってしまいます。
顕宗は、グァンヒョンの勇気ある行動と実績を評価していましたが、グァンヒョンは何故か罷免を願い出るのでした。

その裏には、ミョンファンを自白に追い込み破滅させるための秘策を探る目的があったのです。

スポンサーリンク

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話