第43話 ペク・ソックの息子

第43話arrow_pinkグァンヒョンは、ソンハに「自分の大事な人を殺したミョンファンを許すことはできない」と言い、ミョンファンの息子であるソンハにも協力を求めることに。
そして、証拠となる書状をソンハに手渡すのでした。


スポンサーリンク


目次

引用:ソンハに書状を差し出すグァンヒョン。この書状でミョンファンが罪を償うことになると言う。
ある医員の死に対する投書で取調べを受けることになったソンジョとミョンファン。ソンハは、自分の父親のミョンファンが投書と関わる内容を否定すると、苦しむのだが...via:(馬医(MBC公式サイト)

届けられた書状

書状には、「医師のイ・ヒョンイクを殺害したのはミョンファンであり、ソンジョによってペク・ソックがその罪を着せられた」と書かれていました。

そして、ミョンファンとソンジョは義禁府で取り調べを受ける事になり、グァンヒョンは彼らを少しずつ追いつめていました。

仲間割れ

身の危険を感じたソンジョは、ミョンファンを亡きものにしようとしますが、事前にその企みを知ったミョンファンによって反撃を受ける事に。

ソンジョの悪事の証拠を盾に、ミョンファンはソンジョを脅迫し自分を保護するように求めます。
あまりに酷い言い草でしたがソンジョは世間体を気にし強気に出れず、ミョンファンの言うとおりに従ってしまいます。

父の罪をこれ以上増やしたくないと思ったソンハはグァンヒョンに協力することを決意。

動かぬ証拠

司憲府で取り調べを受けるミョンファンとソンジョはしらを切り続けますが、証人がいる事実を突き付けられます。
ついにグァンヒョンは自分の正体が「ペク・ソックの息子」である事をミョンファンとソンジョに暴露するのでした。

殺したはずのペグ・ソックの息子が生きていたことに驚いたミョンファンは「鍼で人が殺せるはずはない」と口を滑らせてしまいます。

その発言をグァンヒョンは見逃しませんでした。
鍼で殺した、という記録はどこにも残っておらず殺害方法を知っているのは殺した本人だけだからです。

そのことを指摘されたミョンファンはジニョンを人質にして何とか窮地を脱しようとしますが、グァンヒョンは事前にジニョンを楊州へと送っていました。

第43話の感想

ミョンファンが自ら墓穴を掘ります。

グァンヒョンが用意した書状(投書)によって追いつめられたミョンファンとソンジョは仲間割れ、自分だけが生き残ろうと醜い争いを展開するのでした。

そんな中、グァンヒョンが、自分こそが「ペク・ソックの息子」だと爆弾発言。
驚愕したミョンファンは、真犯人しか知らない事実を、つい口走ってしまうのでした。

父の犯罪に苦しむソンハ、そして都から離れたジニョン・・・

彼らの身には、何が起こってくるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button