第44話 ジニョンの嘆き

第44話arrow_pinkソンハは、これ以上父親に罪を重ねてほしくないと、自ら父の説得に向かいます。
何とか誤魔化そうとする父ミョンファンに、ソンハは驚くべきことを告げるのでした。


スポンサーリンク


目次

引用:イ・ミョンファンに、罪を立証する証拠を持っていると話すグァンヒョン。グァンヒョンは命まで奪いたくないから、罪を白状して罰を受けるよう警告する。
一方、グァンヒョンが何かを自分に隠していると感じたジニョン。ソ・ドゥシクを訪ね、グァンヒョンが何かを隠しているのか教えて欲しいと頼むのだが・・・via:(馬医(MBC公式サイト)

明かされた衝撃の真実

ソンハは、「昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死の背景には、殺されたイ・ヒョンイクの関与があり、治療日誌が証拠になる」「全て知っているからもう誤魔化しても無駄から諦めて欲しい」と言うのです。

そして、大逆罪で死罪になる前に全てを自白するよう父を諭すのでした。
息子の言葉に涙したミョンファンは、ソンハと共に都から離れる準備を始めます。

そんな頃、顕宗は、グァンヒョンがミョンファンとソンジョを告発した事を耳にし、二人の尋問を義禁府(ウイグムブ)に命じていました。

ジニョン、全てを知る

ジニョンは、自分が義禁府の者に保護されていることを疑問に思い、ウンソの兄であるドゥシクに話を聞きに行きます。
そして、ついにペク・ソックが殺された時の事件について知ってしまうのでした。

ペク・ソックは逃亡奴婢として国から追われていた身です。
もし、このことがバレてしまったら、その娘であるジニョンも奴婢という身分に追いやられてしまいます。

何とかしてこのことを隠そうとするグァンヒョンとインジュでした…。

大妃、病に倒れる

そんな時、大妃が倒れてしまいます。

首に腫瘍ができており、顕宗(ヒョンジョン)はグァンヒョンに外科術で治してもらうよう勧めますが大妃は断固としてそれを拒否。
大妃の治療はミョンファンに任せられました。

ジニョンの決心

全ての真実を知ってしまったジニョンはインジュにそのことを話し、自分はどうしたらいいのかと相談します。
「今まで隠していたグァンヒョンの気持ちを大事にして、何も知らないふりをしておけばいい」、とアドバイスするインジュでしたがジニョンはそんなことはできないとグァンヒョンに会いに行くのですが・・・。

第44話の感想

いよいよ逃げ道を失ったミョンファンは、息子ソンハの懸命の説得で潔く自白するかと思われますが、ミョンファンは最後までしたたかです。
大妃の治療を任されたミョンファンはとんでもない行動に出るのです。

一方、出生の秘密を全て知ってしまったジニョン
自分がグァンヒョンの全てを奪っていたのだと、自分を責め続けていました。

ジニョンも、この後、予想さえしなかった行動に出ることに・・・

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button