第45話 ジニョンの愛と償い

第45話arrow_pinkジニョンは、知らなかったとはいえグァンヒョンを何度も危機に陥れていた自分が許せません。
グァンヒョンは、必死に弁明し、ジニョンには罪はないと言いますがジニョンは居たたまれなくなり、泣きながらその場から立ち去ってしまいます。


スポンサーリンク


目次

引用:自分とグァンヒョンをめぐる出生の秘密を知ったジニョン。グァンヒョンの全てを奪った罪悪感に全ての事実を明らかにしようとする。
一方、大妃の治療を任されたイ・ミョンファン。治療日誌と薬剤出納などの資料に対して緘口令を敷き治療を進めるが...via:(馬医(MBC公式サイト)

ミョンファンの暴挙

その頃、大妃の治療を任されたミョンファンは、治療の決め手がなく困っていました。

困ったあげく、容態がさらに悪化し続ける大妃に対し、とんでもない薬を投与する暴挙を犯していたのです。
「エンソク(現代のケシの実)」と呼ばれる麻薬性の強い薬を使い、その日その日を何とかやり過ごし治療を先延ばしにしていました。

危険な投薬

エンソクは、痛みを押さえる事はできますが、麻薬性があり、使い続けると体に悪影響を与える危険な劇薬でもあったのです。
顕宗(ヒョンジョン)にも「大妃は回復しているから大丈夫だ」と嘘を付き続けるしかできませんでした。

一向に病状が回復しない大妃の容態に疑問を感じた顕宗は、シン・ビョンハとインジュに診察をさせますが、大妃の容態は好転するどころか危険な状態になっている事が判明します。

グァンヒョンの必死の訴え

ミョンファンの治療は適切ではないと報告を受けた顕宗は、やはりグァンヒョンに治療を任せるべきだったと後悔します。

一方、大妃の病名を聞いたヒョンウクは、ミョンファンの治療について疑問を抱き、その事をグァンヒョンに語ります。
ヒョンウクの言葉に、グァンヒョンは、「治療にエンソクが使われている」と感ずくのでした。

事実を知ったグァンヒョンは、「大妃の容態は、このままでは命に関わるから手術を受けてほしい」と必死に訴えます。

ジニョンの愛と償い

顕宗は、今からでもグァンヒョンに任せようと大妃に相談しますが、大妃は頑なで「グァンヒョンに助けてもらうなら死ぬ」とまで言いだす始末です。

グァンヒョンが困っていることを知ったジニョンは、「自分が奴婢でグァンヒョンが班家の子息である」と公表することを決意。
書状を携えて大妃の元へ直談判しに向かいます。

大妃に向かって、「もし、グァンヒョンが両班の息子だったら、治療を受けて頂けますか」と切り出すのですが・・・

第45話の感想

救いようのない所まで追いつめられ暴挙に走るミョンファン・・・、自滅するまで、もう長くはないようです。

一方、大妃の命を救おうと必死に手術を勧めるグァンヒョンに激しく抵抗を示す大妃。
「奴婢の、しかも卑しい馬医出身の医官などに自分の治療を委ねるなど死んでもできない」と言い張ります。

グァンヒョンの窮状を救うため、ジニョンは身を捨てて大妃を説得することを決意。
驚愕の事実を大妃に語り始めるのですが・・・

ついに自分が奴婢であることを告白したジニョンに、これからどんな運命が待ち受けているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button