第49話 王の主治医に

第49話arrow_pink顕宗(ヒョンジョン)が倒れるという突然の出来事に周囲は騒然。
顕宗の病気はチャンオン(腸の腫瘍)であり、もはや鍼や薬での治療は難しい状態でした。
しかし、決してあきらめる事のないグアンヒョン「治腫指南」に書かれていた開腹手術を提案することに


スポンサーリンク


目次

引用:意識を失って倒れた顕宗。グァンヒョンは顕宗の病気がチャンオン(腸に出来た腫瘍)であることを知り、衝撃に陥る。一方、恵民署の医官達は全員、顕宗の手術に参加することを拒否するのだが...-via:(馬医(MBC公式サイト)

王の手術

少しでも助かる可能性があるのなら手術をするべきだと言うグァンヒョンに対し、周囲は猛反対
開腹手術が極めて危険な手術である上に、王様の腹を裂くなど不敬罪で罰せられることを考えると皆が腰が引けたのでした。

しかし、シン・ビョンハだけはグアンヒョンの熱意を汲み、手術の許可を大妃に申し出る事に。

一方、左議政(チャイジョン)のホン・ユンシク達は「反逆罪で捕らえる」と彼を脅します。
しかし、グァンヒョンの意思は変わりません。

ジニョンも反対するソンハを押し切り、最後までグァンヒョンの傍にいることを決意します。
そして、舍巖、テジュ、テマン、カヨン達も手術に加わると申し出る事に。

手術の成功

ついに開腹手術が認められ、グアンヒョンが執刀をすることに。

顕宗への手術の途中、左議政が兵を率いて妨害にやってきますが、ジニョンの機転により患部を突き止め、無事手術は終了しました。

王の命を助け一躍英雄になったグァンヒョンは、顕宗に謁見。
王からは、御医(王の主治医)にはしてやれないが、名家である「カン」の名前を引き継ぐように顕宗から勧められます。

しかし、グァンヒョンは、今まで通りペク・グァンヒョンという名前を使うことを希望しました。
ドジュン、ペク・ソック両方の父親から貰った大切な名前だったからです。

※グアンヒョンは、正式な医官取才(医師採用試験)を受けていないので御医になる資格がありません。

グアンヒョン、王の主治医へ

そして数日後、顕宗が恵民署(ヘミンソ)にやってきて、手術に参加した人達を讃える式典が開催されます。
そこで、医員や医女達に官位や感謝状が授けられることに。

顕宗は、グアンヒョンを、正三品、御医(おい、王の主治医)に抜擢し、周囲の驚きと称賛を得ます。
グアンヒョンは正式に医師試験を受けて医師になっていないので、本当なら御医になる資格がないのですが、異例の抜擢だったのです。

馬医だったグァンヒョンがついに、御医へと上り詰めたのです。

第49話の感想

「失敗すれば命はない」・・・

決死の覚悟で臨んだ王の開腹手術は、周囲の猛反対で始まります。
王の腹を裂くなど前代未聞の出来事なので、皆は恐れおののき医師達さえ手術への参加を拒否する始末でした。

しかし、大妃が顕宗の開腹手術にゴーサインを出します。

グアンヒョンの熱意を知った事と、かつて自分の命を救った腕前への信頼がさせた英断でした。

ジニョンを初め周囲の人たちに助けられ、顕宗の命を救ったグアンヒョンがついに御医(王の主治医)に抜擢されるシーンは感動的でした。

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button