ドラマのあらすじを知るうえで役に立つ情報です・・・

グアンヒョンの人生のパートナー

ジニョンは、ぺク・グアンヒョンを見守り、支え続け、グアンヒョンの妻となる運命の女性

歴史上実在した人物ではなく、ドラマの中での登場人物です。

ジニョンは、清国で医女としての修行を積んだ鍼の名人でもあり、グアンヒョンが危機に陥った時も、ユニークな発想でアドバイスを与えてくれる頼もしい存在でもあります。

このように、明るく賢いジニョンですが実はつらく悲しい運命を背負っていました。
(phto by:©MBC)


[スポンサーリンク]


目次

両班の名門「カン家」のお嬢様

ジニョンの養父はイ・ミョンファン。

もともとジニョンは大逆罪を犯した父のせいで官卑として役所の下働きをしていました。

ジニョンカン・ドジュン(ミョンファンが裏切り死に追いやった昔の親友)の娘である事を知り、名門カン家の跡継ぎとして養育します。

恵まれた環境に育ったジニョンは賢く明るい女性に育っていました。

ジニョンの出生の秘密

カン・ドジュンは昭顕世子(ソヒョンセジャ、第16代仁祖の息子)の暗殺事件に関わったとして大逆罪の罪を着せられ死罪になり、カン家はお家断絶となります。(第1話

話は脱線しますが、昭顕世子の暗殺には仁祖の側室で悪女として知られる昭容趙氏(ソヨン・チョ氏)が深く関わっていたと言われます。
馬医」に登場する昭容趙氏は、「帝王の娘スベクヒャン」でヒロインを演じたソ・ヒョンジンだったことを覚えておられる韓ドラファンもおられるでしょう。

カン・ドジュンが断罪される直前、ドジュンの奥方は臨月を迎えていました。

そして、「生まれた子が男なら殺し、女なら奴婢として役所の下働きに出せ」という情け容赦ない命令が下されることに!

この時に生まれた子こそ「グアンヒョン」、男の子だからこのままでは殺されてしまいます。

赤ん坊入れ替え事件

この危機を救ったのがグアンヒョンの養父となるペク・ソック。

ソックは、臨月の妻が重い病にかかり、カン・ドジュンに救ってもらった恩義を忘れていませんでした。
(phto by:©MBC)

カン・ドジュンの悲報と生まれてくる子の運命を知ったソックは、ドジュンが取り上げた娘とグアンヒョンを入れ替えることに!

この娘こそ、ジニョンだったのです。

ソックは「生まれた子が男なら殺され、女なら奴婢にされる運命にあり、自分の娘なら元々賤民の子で奴婢と一緒、そして決して殺されることはない」と判断したのでした。

グアンヒョンとの運命の出会い

ジニョンは、辛い役所の奴婢から逃げ出し、ヨンダルと名を変え男の子の格好をして浮浪児集団のボス的存在になります。
(phto by:©MBC)

一方、養父ペク・ソックと離島で暮らしていたグアンヒョンが都を訪れた時、二人は運命の出会いを経験することに。

再び入れ替わるジニョンの運命

時は流れ、医師となったグアンヒョンがカン・ドジュン家を継ぐことになった時、ジニョンは元の奴婢に戻る事を余儀なくされます。(その後、色々あって平民に昇格しますが・・・)

傷心のジニョンにグアンヒョンは「生涯の伴侶はジニョンしかいない」と強く励ますのです。

幸福な人生の始まり

晴れて一緒になったジニョングアンヒョン

可愛い息子も生まれ、地方官として赴任したグアンヒョンとともに貧しい人々の為に、忙しくも幸福な人生を歩むことになるのでした。
(phto by:©MBC)

ジニョンを演じるイ・ヨウォン

韓国を代表する人気女優ですネ。

『善徳女王』トンマン王女役でブレークした女優さんです。

詳しくは、キャスト情報プロフィールで紹介していますので割愛しますが、3児の母でもある良妻賢母型女優で日本でも多くのファンに愛されています。

[スポンサーリンク]

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話