全話のあらすじ総ざらい(その2)

第11話~15話では、馬医から人医を目指すことを決心したグアンヒョンが困難に出会いながらも医師採用一次試験合格を果たすというエピソードが展開されます。

第16話~20話では、馬医としての経験と知識が次第にグアンヒョンの人医としての才能を開かせる様子が語られます。

また、恩師コ・ジュマン、そしてグアンヒョンの生涯の敵となるイ・ミョンファンがこの頃から頻繁に登場するようになります。


[スポンサーリンク]


目次

馬医のあらすじ概略・・・第11話~第15話

ある日、司僕寺の同僚馬医の死に瀕する危機に遭遇したグアンヒョン
医師も見つからず、一刻を争う中で鍼治療を強行します。

同僚の馬医の命を鍼で救ったグアンヒョンは、無免許で人間に鍼を打った罪で重い罰を受けますが、グアンヒョンの才能を知るコ・ジュマンが医師を目指すよう励まします。

迷うグアンヒョンでしたが、ついに医師試験に挑戦することを決心。

ジニョンの協力を得ながら、ミョンファンの妨害に屈することなく見事に一次試験に合格するまでが描かれます。

馬医のあらすじ概略・・・第16話~第20話

天性の鍼の腕で医師としての才能を開花させつつあるグアンヒョン
そして、物言わぬ動物たちの病を多く治療してきた経験から普通の医者には無い知識と発想の豊かさを強みとしていきます。

後にかけがえのない友人となる両班の婦人ソ・ウンソが治療を拒否した時、「動物たちはしゃべる事ができません。でも、生きたいと目が語っています。そして、若奥様の目もそうです。」と言った言葉で、ウンソが治療を決心するくだりはグアンヒョンの馬医としての経験の幅広さを物語るエピソードです。

医師採用二次試験で顕宗の治療を受け持つことになったグアンヒョン

「王様の病気は馬や豚もかかる病気と同じ」と発言してしまい試験会場から追い出されてしまいます。

グアンヒョンの馬医としての経験と知識を高く評価するコ・ジュマンは、グアンヒョンに治療の継続を説得。
ついに、顕宗の治療に成功するまでが描かれます。

photo by: imbc.com

次回、第21話~第30話に続く

[スポンサーリンク]

 

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『馬医』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『馬医』あらすじ一覧 26話~50話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話