「馬医」がBS-TBSで2017年3月15日から再放送が開始となっています。放送は毎週月曜日~金曜日の朝7時からで、3月21日(火曜日)には第4話「新しき人生」が放送されました。
第4話では、両班の娘となるジニョンと馬医の修業を始めるグアンヒョンの姿が描かれます。

ざっと、あらすじを振り返ってみましょう。


スポンサーリンク


目次

第4話のあらすじ

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の暗殺事件に手を染めた医官のミョンファンの証拠隠滅事件を目撃した幼きグアンヒョンヨンダル(カン・ジニョン)は、グアンヒョンの養父ペク・ソックと共に逃亡中、兵士達に包囲される事に。

捕らえられたジニョンは、逃げ出した役所の官卑として元の奴婢生活に戻る事になってしまいます。

しかし、ヨンダルジニョン)が、自分が死に追いやった親友カン・ドジュンの娘であることを知ったミョンファンが、彼女を見つけ出し、名門カン家の跡継ぎとして引き取ることに。

ドジュンに冤罪を着せ、見殺しにしたことに対するミョンファンの罪滅ぼしだったのですが、ジニョンは奴婢から一転して、両班の令嬢としての生活を歩み始めるのです。

一方、グアンヒョンは兵たちに崖っぷちに追い詰められ、何者かが放った矢を胸に受けて、深い海へ転落します。

死んだかと思われたグアンヒョンでしたが、通りがかった馬車に瀕死の状態で発見され、とある牧場へ運ばれます。

生死の境を彷徨うグアンヒョンの命を救ったのは、謎の医師。

将来、グアンヒョンの人生に深いかかわりを持つ人物でした。

命拾いをしたグアンヒョンは、その牧場で馬医としての修業を始める事に。

photo by © MBC

第4話のポイント

簡単に言うと、赤ん坊の時にペク・ソックの手で入れ替えられたグアンヒョンジニョンの運命が大きく動き出す瞬間を描いたエピソードです。

具体的には、以下の3点でしょうか......

  • ジニョンが両班の令嬢としての人生を歩み始める
  • 生涯の師となる名医にグアンヒョンが出会う
  • グアンヒョンが医師となるきっかけを作る「馬医」としての道を歩み始める

「馬医」序盤最大のターニングポイントを迎え、ドラマがどんどん面白くなっていくあたりです。

ドラマ「馬医」のおさらい

BS-TBS公式サイト:BS-TBS 韓国ドラマ「馬医」

スポンサーリンク

 

 

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button