ドラマ『奇皇后』に登場するヨム・ビョンススンニャンの憎き悪役。
「金と権力を手に入れるためなら何でもする」と、祖国高麗を裏切って元帝国の手先となった人物です。

奇皇后スンニャンワン・ユを苦しめ、祖国高麗の流民をも迫害する裏切り者・・・しかしビョンス自信も時代の犠牲者だったのかもしれません。

最後は、奇皇后によって捕えられ、民衆の投げる石礫で命を失いますが、「自分が死に値する罪を犯したのか」、「罪を犯したとしたら、それは高麗と言う弱い国に生まれたことだ」と言い残した言葉が印象的でした。

奇皇后に登場するヨム・ビョンスの人物像はどんなものだったのでしょうか?

続きを読む