久家の書 第18話

ついに団主の素顔が明らかに

『久家の書』第18話

宮本の団主の怪しげな動きを調べるために、ヨウル達は百年客館に忍び込みます。
証拠の品を見つけるも、忍に見つかってしまったガンチは、空き部屋に逃げ込むのです。

そこには、女の人が居て、敵から助けてくれるのでした。

一方、団主の正体が、ソファではないかと考えるチョ・グァヌンは『関係を続けるためには、顔を見せて欲しい』と詰め寄ります。

そして、団主の顔をみたチョ・グァヌンは、愕然とするのでした...。


「引用」:客館で宮本の団主の部屋に身を隠したガンチ。 突然の侵入者に団主は驚くが、ガンチは団主に悪人に追われていることを話す。 そして見張りの者に安否を問われても、大丈夫だと気丈の話し、ガンチをかくまってくれる。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第18話

続きを読む